低価格ランニングシューズ:マキシマイザー VS ロードジョグ

ランニングシューズの低価格帯での双璧(?)と称せられるミズノのマキシマイザーとアシックスのロードジョグですが、少し前にマキシマイザーを購入しました

その紹介記事の中で、「ロードジョグは、約3倍(当社比)の耐摩耗性があるアウトソール素材を使用しているらしい」なんてことを書いていたら、ロードジョグも買って比較してみたくなりました。

黒×黒のロードジョグ、印象としては大きくて重そう

ってことで、買いました。アシックスのロードジョグ。他の色の組み合わせに、いま一つ魅力を感じなかったので、今回は黒一色を選択。

靴底も黒一色。他のカラーだと、アウトソール(硬い部分)の間にミッドソールの白地がライン状に見えていたりするのですが、黒×黒は、とにかく紐も含めて黒一色。潔い。

ロードジョグロードジョグ

黒という色の印象によるものだと思うけど、マキシマイザーと比べると大きく、そして重そうに感じる。

大きさ比較

靴底から、両者の違いが顕著に見えてきます

靴底で比較してみると、実際にロードジョグの方が大きいです。マキシマイザーの方は、幅広仕様(3E相当)で甲周りが標準モデルより6mm広く設計されているとのこと。

一方、ロードジョグの方は大きさによって幅が異なり、24.5cm以上はスーパーワイド(4E相当)とのことで、私の買った27cmはこれに該当します。

靴底比較
明らかに、ロードジョグの方が靴底の面積が広いですよね。それにしても靴底だけ見ていると、これがランニングシューズの靴底なの?って気になります(ロードジョグの方ね)。

また、ロードジョグの靴底で特徴的なのは、アウトソールの厚みが薄いってことと、踵上がり(って言葉であってる?)の少なさかな。結構、真っ平らに見えます。逆にいえば安定感があるというか。

ロードジョグアウターソール

マキシマイザーと比べてみると、より特徴が顕著に見えてきます。ロードジョグの方のアウトソールはミッドソールの中に埋め込まれて見えない部分もあるのかもしれませんが、見えているところで測ると約4mm。一方のマキシマイザーの方は、約8mmと倍の厚みがあります。

アウターソール厚みアウターソール厚み

重量比較

ついでに重量比較も。ロードジョグは326gと、印象だけではなく実際に重いってことですね。

ロードジョグ重量

続いてマキシマイザー。こちらは267g。ま、悪くない重量でしょう。

マキシマイザー重量

比較におまけで、ナイキのZOOM。これは209g。流石に軽いですね。ロードジョグに比べると2/3以下ですから、履いて走った印象は「うわっ、軽っ!」って感じでしょうか。

ナイキズーム重量ナイキズーム重量

両シューズの走っての印象の違いは、また後日に。


関連記事
コメント:
自分もロードジョグとマキシマイザーを買って比較してみました

用途は長時間歩く屋内、単純作業、長時間歩行、仕事用
その用途だとロッジョ一択かなと言った感じ
マキシマイザーも使えますが(特に夏場)
厚インソールを入れる事を視野に入れるとやはり4Eの甲高は強い
つうかロッジョってランニングシューズなの?ってレベルで停止時の安定感

ランニングを考えるとマキシマイザー
正当性を考えるとランニングシューズのエントリーモデルとしてはマキマイかと
つうかロッジョってランニングシューズ(ry

自分の中の結論として
ロッジョはランニングも結構出来る「ウォーキングシューズ」
マキシマイザーはウォーキングも結構出来る「ランニングシューズ」

近い位置に確かに両者存在するがその属性上まったく別ベクトルの二足
ロッジョにランニングを期待しても「まあ出来る」程度だし
マキマイにウォーキングを期待しても「まあ出来る」程度
ただこの「まあ出来る」が「結構思ったより出来る」し価格も安いから凄いのですが
[2015/07/17 20:05] | うちはん #DYzspbWk | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1045-c69823f6

<< topページへこのページの先頭へ >>