シューズドクターに続いて、今回はシューグーで補修してみる

まだそれほど履かない内にアウトソールが剥がれ落ちてしまったナイキのランニングシューズ。捨てるに捨てられずにとってあったのですが、補修してみようと思い立ったのはまだ夏前の頃。

靴底の補修剤でメジャーなのはアメリカ製のシューグーという商品。ただ、この手のものがどれくらい有用なのか分からないまま買うには、ちょっと容量が多い(アメリカ製だからね)。

他にはって検索したら、セメダイン社のシューズドクターという似たような商品を見つけ、取り敢えずはこっちで試してみようと購入し、補修完了後の状態がこれ。

靴底補修重ね盛り
2度の重ね塗りで、一番厚いところで10mm近いかな。

ここから150Km強走った後の状態がこちら。

ナイキ補修165Km

盛り上げた補修部分は、見るからに削れてしまい、残り僅か。ここまでくるとクッション性もかなり失われて、かかとの足裏が地面と近い感じがしてきました。

足に良くないだろうと履くのを止めていたのですが、全体的にはまだ履けそうな気がします。一つには、もう一つの補修剤「シューグー」の方も使い勝手を試してみたいという気持ちもあって。

で、買いました。シューグーです。

shoe goo

シューズドクターは「白」を買ったのですが、今回は「黒」で試してみようかと。100gとシューズドクターの倍の容量があるので、かなり大胆に使えそうな気がする。

補修剤を塗り重ねるところの汚れを紙やすりで落としながら、表面を荒らします。続いて、かかと周りにポリ板をマスキングテープで固定し、壁を作って準備完了。

シューグー補修開始

ここに黒の補修剤を盛り上げていきます。

厚く塗り重ねる場合は何回かに分けてやるのが正しいのでしょうが、前回の経験から少しくらい厚くても時間をかければしっかり固まるのが分かっているので、最初から大胆に厚めに盛りました。

シューグー補修1回目

感じとしては、7~8mmくらいかな。

シューズドクターは無臭に近かったような印象がありますが、こちらはかなり臭い。部屋の中で乾かすにはちょっと難がありそう。

さて、完全に固まるまで2~3日待ちましょう。


関連記事
コメント:
ブログ拝見させていただきました。
私は、シューグーの製造販売をしております国際技術貿易(株)の北川と申します。
この度シューグーを、ご使用していただき誠にありがとうございます。
その後状態は、いかがでしたか
ご返事いただければ幸いです。
宜しくお願い致します。
[2016/04/06 11:50] | 北川 久 #Sc6MA5dk | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1060-8ac113cf

<< topページへこのページの先頭へ >>