小林正観著 「『そ・わ・か』の法則」 -- 先ずはトイレ掃除?

この世に生まれたすべての人が、手に入れたいと願う「幸せ」というもの。多分、人によって「幸せ」の中身は変わってくるのでしょう。

でも、「幸せ」の本質って何だと思いますか?

「幸せ」とは、平和・平穏に過ぎていく日常そのもの

ある本で読んだ小話が印象に残っています。

海に魚が泳いでいました。

この魚は生まれてから一度も海の外に出たことがありません。「海というものをよく話に聞くが、一度も見たことがない。海を見てみたい」と願い、念じたとします。

その魚が泳いでいる岸辺に人が座り、釣りをしていました。

魚の「念」を感じ取った釣り人は、釣り針のついた糸を魚の前に垂らします。

魚は、「このエサに食いついてみれば、きっと『海』が見られる」と、パクッとかみつきます。それに応じて釣り人は糸を引き、魚は海中から生まれて初めて外に出ました。

そして、外から確かに『海』というものを見ることができました。

でも、苦しい

「もう十分に『海』の広さ、大きさが分かりました。もう『海』を見る必要はないので、海に戻してください」と魚は釣り人に頼みます。

釣り人はその願いを聞き入れ、魚を海に戻してあげました。

さて、この話の中の「魚」が私たち。「海」は「幸せ」というものの本質です。私たちは、海という名の「幸せ」の中に泳ぐ魚だったのです。

願いや望みや思いが叶うことではなく、生きていること自体が、何もないことが、何も起きず、平穏無事であることが、「幸せ」の本質なのです。

「海を見てみたい」と念じた魚に釣り糸を垂らしてくれたのは「神さま」です。釣りあげられて海を出て、初めて海を見たものの、海から出ているので苦しい、呼吸ができない、という状態が、もしかしたら「病気」や「事故」なのかもしれません。

釣り

「幸せ」の本質である海を認識できず、その “幸せの海” の中にいながら、「幸せを見たい」、「海を見てみたい」と叫んでいたため、確かに神様は限りない優しさをもってその願いを叶えてはくれました。しかし、「釣りあげられた魚」は、苦しくて辛いのです。

何かを思い通りにすることや、願いや望みを叶えることが「幸せ」なのではありません。

「幸せ」とは、平和・平穏に過ぎていく日常そのものにあるらしい・・・・。

そこに気がつけば、もう「外に出たい」、「海を見たい」と叫ぶことはなくなるはずです。そして、そのように叫ぶ声が釣り人(神さま)に届かなければ、釣り人は、魚の前に釣り糸を垂らしてきたりはしないでしょう。

平和・平穏をおびやかす災難(病気や事故)は、平和・平穏である日常生活がどれほど喜ぶべきもの(幸せの本質)であるかを教えてくれる、素晴らしい贈り物であったとも考えられるのです。

掃除と言えば、トイレ掃除?

そわかの法則先の小話は、小林正観著 「『そ・わ・か』の法則」の中に書かれていたものです。

正観さんの著作は、これまでに「『き・く・あ』の実践」「100%幸せな1%の人々」の2冊を紹介しています。

本の題名になっている『そ・わ・か』とは何なのか。

これは、人間の行いの中で、神様が好むベストスリーであり、この3つの行為を続けている人間を、神様はどうやら応援しているらしいってのが本書の中身。

「掃除」の “そ” 、「笑い」の “わ” 、「感謝」の “か” という3つの行いのことです。

先ずは「掃除」から。掃除というと、個人的に真っ先に思い浮かべるのは舛田光洋さんです。舛田さんの『そうじ力』本を読んだのは、もう何年も前のことですが、いまだに印象に残っています。

累積納税額日本一の斎藤一人さんも、「最高の神事は何かって言うと、掃除なんです」って言っています。

もう一つ「掃除」からイメージするのはトイレ掃除でしょうか。数年前に、植村花菜さんの「トイレの神様」という楽曲がヒットしましたよね。

トイレ掃除の代表格に北野武さんがいます。北野さんは、若いころからずっとトイレ掃除を続けてやってきたってことで有名です。

ここでいう「トイレ掃除」とは、自分の使ったトイレをキレイにして出てくることです。自宅だけでなく、会社でも、スーパーマーケットでも、デパートでも、映画館でも、自分が入ったトイレが汚れていたら、一点の曇りもなく磨いて出てくるんです。

トイレ

トイレの神様は、たくさんの宝物を持ってきてくれる?

なんで「トイレ掃除」なのかってのが本書の中で紹介されているのですが、これが面白い(というか、なんか納得してしまいました)。

日本には七福神という言葉もあったりしますが、それぞれの家には、七人の神さま(七福神とは違うと思いますけど)がつくそうです。家が新築されると、この七人の神さまがダーッと走って行って、自分の担当する場所を決めるらしいのです。

七人の神さまのうち、一番早く着いた神さまは、応接間が一番お金がかかっていて見栄えがよく、カッコいいということで、応接間の担当になります。

二番目に着いた神さまは、二番目にお金がかかって見栄えがいい玄関を担当することになります。

三番目、四番目、五番目と、順番に担当の場所を決めていくのですが、最後の七番目の神さまがたどり着いた時には、担当するところがトイレしか残っていないので、七番目の神さまは必ずトイレを担当することになるそうです。

ところで、この七人の神さまが到着する時に、どうして時間の差がつくのかというと、持ってくるものが違うからなのです。

一番目の神さまは、何も持たずに手ぶらで、脱兎のごとく走ってきます。
二番目の神さまは、小さな紙袋くらいのお土産を持ってきます。
三番目の神さまは、セカンドバッグのようなものに、お土産を詰めてきます。


六番目の神さまは、リュックサックの中に大きな、かたまりのお土産を持ってきます。

そして七番目の神さまは、山男が背負うような大きなザックを背負っています。走ろうとしますが、重くてどうしても早く走れないので七番目になってしまいます。

神さまが持っているバッグやリュックサックの中には宝物が入っていて、その家に行って、皆を裕福にしてあげようと思うのだそうです。

七番目の神さまは、走るどころかゆっくりと一歩ずつしか歩くことができずに、やっと着いた時にはトイレしか残っていなかった・・・・・。

トイレ掃除をするということは、この神さま(「うすしま明王」という名前だそうです)を、「やる気にさせる」ってことのようです。

続きます。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1062-e1bd838b

<< topページへこのページの先頭へ >>