フロントディレイラー用のシム(スペーサー)をアルミ板で自作して

二男の乗っている自転車のフロントディレイラーが破損してしまった。元々、私が30年くらい前に購入したクロモリのロードバイクなので、まあ、壊れてもおかしくない頃なのは確か。

右側が破損したフロントディレイラー(確か、サンツアー製)。左側が交換用のもの。

実は1年くらい前、この自転車のパーツを色々と入れ替えたことがあり、FDもこの105に交換する積りだったんだけど、ディレイラーのバンド径が違って付けられなかったんです。

フロントディレイラー破損

新しいディレイラーを買おうかとも思いましたが、28.6mmのものって意外と選択肢が少なくて。それなら、いっそシム(スペーサー)を自作して、当初の予定通り105に交換するのがいいかと。

破損した元のディレイラーのバンド径は28.6mm。付け換えようとする105の方は31.8mm。その差3.2mm。半径で1.6mmの隙間ができます。

FD径違い

ダメ元でゴム板を挟んでみましたが、どんなに締めこんでもグラグラしてしまい、予想通りダメ。

それなら正攻法でアルミ板で製作することに。当初は、ビールの空き缶を裁断してって思っていたのですが、板厚がかなり薄いので、1.6mmの厚さにするには何枚重ねればいいんだ! って感じに。

で、素直にホムセンでアルミ板を買ってきました。

アルミ板

0.5mm厚のを買って3枚重ねればOKって思っていたのですが、ちょうど売り切れ。仕方がないので0.3mmのを購入。これでも5枚重ねれば1.5mmになりますし。

2cm幅でカットし、さらに長手方向も径に合わせてカット。1枚重なる毎に(0.6×3.14≒)2mmずつ円周が長くなるので、寸法は写真のような感じに。

アルミ板カット

この板を、少し細めのパイプに巻きつけて輪っか形状にする。

アルミ板丸め

これを細い(短い)順に自転車のシートチューブに嵌め、重ねた上からディレイラーのバンドを巻きつけて、ボルトで固定して完了。

取り付け完了

イイ感じで、ガッチリと固定出来ました。変速レバーで操作してみましたが、何の問題もなくギアチェンジができます。

後から考えてみると、0.5mmよりも0.3mmで正解だったかもしれない。0.3mmだからこそ、カッターで切れ目を入れることで切断することも、輪っか形状にすることも比較的容易に出来た訳で。

禍転じて福となす? ちょっと違うか。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1077-f1de873b

<< topページへこのページの先頭へ >>