佐藤富雄著 「自分を変える魔法の口ぐせ」 -- 梅干を想像すると

以前、てんつくマンの講演会について書いた際、「あー幸せだな」ってオーラを出している人と、「今、幸せじゃあないのよ」っていう人との違いは、彼らの使っている言葉にあったという話をしました。

普段の生活の中で、「無理」とか、「難しい」とか、「面倒臭い」といった言葉を口癖のように言っている人は、本当に幸せになりにくい人たちのようだよ、って。

そう、「言葉」なんです。

「あなたの発する言葉が、あなたの人生を創る」とは、佐藤富雄著 「自分を変える魔法の口ぐせ」の中で語られている言葉。

自分を変える魔法の口ぐせ私たちは過去の「習慣の産物」です。表情、話し方、姿勢、歩き方、食事や睡眠といった生活スタイルも、日ごろの何気ない習慣が積み重なってできたもの。

そして、数ある習慣の中でも最も自覚しにくく、なのに最も強力に人生に影響を及ぼすものが「思考習慣」。

いわば “考え方” の癖です。

そして重要なのは、物事の受け止め方や考え方の癖、つまり思考習慣は、あなたの行動を決定していくということ。

意識や思考の内容がダイレクトに体に影響を及ぼし、あなたが考えた通りの現実を招くのです。

そして、この意識や思考を司り、それらと表裏一体をなすのが “言葉” 。この言葉の習慣、つまり「口ぐせ」こそが思考習慣を形成する源となるものなんだよ、ってのが本書のメインテーマ。

人生の違いは、口にする “言葉” の違い?

このブログで、「人生の違いは、考え方の違い」ってことを何度も書いています。

「やっても無駄」って考えるのか、「やってみなけりゃ分からない」って考えるのか。何事かが降りかかってきた時、ピンチって怯えるのか、それともチャンスだってワクワクするのか。

どっちの顔

まあ、上の例ほど大げさではないとしても、生きていく中の至るところで、目の前の出来事に対してどう受け止めるのかが、結局は自分の人生を創り上げているんだってことは否定できませんよね。

先に書いた通り、何事かが起こったとき、それをどう捉えるのか、どう考えるのかが、わたし達の次の行動を決定していくのですから、そりゃー “人生” を変えるわけですわ。

「口ぐせ」(言葉)が「思考習慣」(考え方)を形成し、その思考習慣が「人生」を創り出す。すなわち、「あなたの発する言葉が、あなたの人生を創る」ってことです。

だからこそ、意識的に肯定的な言葉を「選択」し、良い口ぐせを「習慣化」することで、人生に対する正しい「考え方」を身に着けられるようにしていきませんか、という提案。

以前、小林正観さんの 「『そ・わ・か』の法則」 を紹介した中で、朝起きてベッドから出る前に、「ありがとう、ありがとう・・・・」と100回言ったとすると、脳は「なぜ、現象がないのに『ありがとう』なんだろう」と突然不安定になり、「ありがとう」の合理的な理由を探し始めるらしいということを書きました。

先にたくさんの「ありがとう」を言ってしまうと、目にするものに対して「ありがとう探し」が始まります。カーテンを開けたら太陽の光がパーッと差し込んできて、「あー、うれしい。ありがとう」って。

白いご飯に湯気が立っていると、「あー、御飯がおいしそうだ、ありがとう。早く起きて、ご飯を作ってくれて、ありがとう」って、次々と「ありがとう」が見つかっていきます。

同じように、取り立てて何かいい出来事があったわけでなくても、「楽しかった、嬉しかった」と言葉にするだけで、自律神経はいきいきと働き、心身ともに快調にしてくれるものなのです。

梅干を “想像” するだけで

下の写真を見たとき、あなたの体にはどんな反応が起きましたか。

梅干

実際に梅干を食べたわけでもないのに、口の中にたくさんの唾液が出てきたことでしょう。写真を見ることさえ必要もありません。梅干を “想像” しただけで、唾液や胃酸が分泌されますよね。

これは、脳が抱いた想像イメージは、体内の生化学反応に影響を及ぼすということを示しています。つまり、たとえ想像上のことであっても、現実のことと同じように体が反応してしまうのです。

心と体は不可分の関係にあり、相互に影響しあいます。だからこそ、心のストレスで、体が病に冒されるということが起こるわけで。

1970年代、アメリカの麻酔生理学研究室でボランティアとして研究に参加した被験者たちに、本物のモルヒネと薬効のない偽薬とを投与して抜歯するという実験(手術)が行われました。

被験者たちの半数は、薬効のない偽薬が投与されたにもかかわらず、その内の6割の人たちに強い鎮静効果があったそうです。彼らは、モルヒネで痛みを感じないと “信じていた” からです。

更に驚いたことに、その脳内にはモルヒネの200倍もの麻酔効果がある物質が合成されていたそうです。 “信じていること” を現実のものとして表現できるように、脳内ではそれに見合った物質が作られていたのです。

脳という仕組みは、本当にミステリアス。大脳が思い描いた想像イメージと自律神経の連動により、現実を動かしていくことができるんですね。

良い考えを選択して脳にインプットすることの重要性は、まさにここにあります。だから、「考え方が変わると、人生が変わる」のです。

ということは、使う “言葉” を変えれば、人生が変わるということなのです。



コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1090-95d3f39f

<< topページへこのページの先頭へ >>