オルファのアートナイフとNTのデザインナイフの替刃考?

革を曲線の治具に沿ってカットする際などに重宝しているNTのデザインナイフですが、切れ味が悪くなってきたので替え刃を買おうかと思ったのは一ヶ月くらい前のこと。

デザインカッター

当然のごとく Amazon にて検索したら、40枚入りで120円ととてもリーズナブルな価格。早速購入と思いきや、残念なことに「あわせ買い対象商品」でした。

それなら何か2500円以上同時に買いたいものが出てくるまで待ちましょうかと泰然と構えていたのですが、その内にいよいよ切れなくなってきました。

高々120円の商品に、商品代金以上の送料を払って買うのも癪に障るし、といってリアル店舗で探すのも面倒くさいしで、どうしたもんかと悶々の日々(大げさ)。

この手の商品は、ヨドバシ.com でも販売されている可能性が高いので、そちらでも検索したのですが、何故か見つかりませんでした。

で、Amazon とかヨドバシ.com とかで探している内に、オルファのアートナイフという商品が目につきました。名前は違いますが、NTのデザインナイフと用途は同じもののようです。

このアートナイフの “替刃” なんですが、Amazon では同じく「あわせ買い対象商品」ですが、ヨドバシ.com では送料無料で購入可能です。

最初に考えたのは、オルファのアートナイフの替刃を買って、NTのデザインナイフの替刃として使えるんじゃないかということ。デザインナイフとアートナイフの替刃は、商品写真を見る限りほとんど同じもののように見えます。

その気になりかけながら更に見ていくと、この替刃と同じものがセットで付いたアートナイフ本体の価格がやけに安いんです。ストッパー付定規とストッパーだけの価格と、同じような構図です。

セット商品を購入したのは必然でしょう。

デザインナイフ

元から持っていたNTのデザインナイフの方は、軸先が360°回転するので曲線切りに適している反面、(勝手に回転してしまうので)扱いが難しい面もあります。

今回購入したものは軸先固定なので、慣れていなくても扱いに苦労することはなさそうです。

で、肝心の替刃ですが、まったく違っていました。相似形のようなので、写真で見る限りは同じに見えてしまいますが、大きさが全然違いますね(大がアートナイフ用、小がデザインナイフ用)。

デザインカッター刃比較

いやいや、本体と一緒に買って良かったって思いながら、(今)この写真を眺めていたら大きな勘違いに気が付きました。両方の替刃に、共に「OLFA」の文字が見えます。

NTの純正の替刃の積りでいたのが、いつの間にかオルファの他の製品の替刃を代用に使っていたようです。随分昔の話なので、いつ、どんな経緯でなのかはまったく記憶にありませんが。

逆に言えば、オルファにもNTのデザインナイフに装着可能な替刃が存在している、ということではありますが。


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1136-4f226abc

<< topページへこのページの先頭へ >>