ファイル転送に限って言えば Any Send は超スゴイアプリ!

少し前に、「Androidスマホのスクリーンショットに一苦労」という記事を書きましたが、そもそも何のためにスマホ画面のスクリーンショットが必要かというと、それをブログ記事で使いたいからです。

例えば、オーディオテクニカのスマホ用リモコンの機能を増やすために、いくつかのアプリを試したことがありますが、これをブログ記事にする際にアプリの画面があると説明が楽になります。

ところで、このブログはPCで書いているので、スマホ画面のスクリーンショットをブログで使うためには、それをPCに転送する必要があります。

ま、スクリーンショットに限らず、スマホで撮った写真をPCに転送したいといった場面も、それほど珍しいことではないと思います。

AirDroid は一手間あってチト面倒なので・・・・・の流れで書く積りが

問題は、どうやってスマホからPCに転送するかということ。USBケーブルを使って両者を接続してという方法もありますが、毎回だと面倒になってきます。

そこで、アプリの登場です。要は、スマホとPC間を “ワイヤレス” で接続することを可能にしてくれるアプリを使えばいいわけです。

airdroidこの手で一番メジャーなアプリは AirDroid でしょうね。私も使っています。

なんて書きながら、AirDroid の使い方を簡単に説明しようと思って、久しぶりに(本当に、かなり久しぶりに)起動してみたら、私の知っていたアプリとはまったく別物になっていました。

以前の印象では、単機能で使い方も少し面倒臭い感じだったのが、いつの間にか物凄く多機能のアプリに、そして使い方も簡単なアプリに変身していました。

あれー、もしかしたら私の勘違いで、違うアプリだったのかなとも思うのですが、これ以外に同じようなアプリはインストールされていませんでした。

ま、そんなことはどうでもいいことですが、今回は別のアプリを(こっちの方が簡単便利だよって)紹介する積りだったのに、最初から躓いてしまいました。

以前の使い方を記憶をたどりながら書いてみると、スマホ側でAirDroid を立ち上げると、スマホ画面にアドレスが表示されるので、それをPC側のブラウザに打ち込んで・・・・・という感じ。

全てのデバイスが同じLANネットワーク内に接続されている必要があるけど

anysend大した手間ではないけれど、それでも面倒臭いなって感じていたので、少し前に別のアプリを探して見つけたのが、今回紹介しようとしている Any Send というアプリ。

同じネットワーク内にあるPC(WindowsでもMacでもOK)とスマホ間で(PC同士でもスマホ同士でもOK)、互いのデバイスへのファイル転送を、Wi-Fi経由で簡単に行うことを可能にしてくれます。

Wi-Fi経由なので、ファイルを共有したいデバイスは、全て同じLANネットワーク内に接続されている必要がありますが、その条件さえ満たしていれば、あとは超簡単。

事前準備として、共有したいデバイス(Windows or Mac or Android)各々に、Any Send のクライアントソフトをインストールしておく必要があるので、公式サイトからインストールしましょう。

デバイス選択

ただ、現時点では上の画面の右側2つのデバイス(iPhoneとiPad)を選ぼうとすると、メールアドレス記入欄が現れて、「出来上がったらお知らせしますよ」との表示が。

さて、私の場合、取り敢えずデスクトップ(Win)とノートPC(Win)とスマホ(シャープのWX04SH)にクライアントソフトをインストールして準備完了。

スマホからPCへとファイル転送

先ずはスマホで撮影した写真をPCに転送してみましょう。

スマホの「アルバム」から転送したい写真を選択すると、上部に「共有」のアイコンが表示されるのでそれにタッチすると、共有先がズラッと出てきます。

anysendスマホから

下にたどって行くと Any Send が現れるので、そこにタッチ。すると、「誰に送りたい?」となって、同じLANネットワーク内に接続されているデバイスが表示されます。

後は、送信先のデバイスにタッチすると、一瞬で転送完了。ねっ、簡単でしょ。

PCからスマホ、あるいはPCからPCへのファイル転送

PCからスマホ、あるいはPCからPCへの転送も同様に簡単です。

先ずは、送りたいファイルをコピーします(ファイルをクリップボードに保存する)。

その状態で、Windows画面下にある、三角形のアイコン(未だに名前が分からない)をクリックすると、「隠れているインジケーター」が表示されるので、その中から Any Send のアイコンをクリック。

anysend3

すると、転送先の候補となるデバイスが表示されるので、選んでクリックすればOK。(上でスマホから転送した際にはシャットダウンしていたノートPCが、今回は出現)。

転送先のデバイス(今回はPC→PC)の画面には、「(転送元の)PCからファイルを送ろうとしているけど、受け入れる?」とメッセージが表示されます。

anysend4

「YES」をクリックすれば、転送先の(設定した)フォルダへと送信されて終了。

送受信できるファイルの種類には何の制限も無く、フォルダをそのまま送ることも出来るので、 “ファイル転送” に限って言えば、多分 AirDroid よりも簡単だと思います。

しかしながら、 AirDroid の方も上で触れた通りかなり進化しているようなので、これはこれで改めて使い方を探求してみたいと思います。


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1137-d268dd25

<< topページへこのページの先頭へ >>