AirDroidさえあれば、スマホの中身の管理はPCから自由自在

以前、スマホからPCに写真等のファイル転送を簡単にやってくれるアプリとして Any Send を紹介しましたが、その際、以前から使っていた AirDroid の中身が一新されていることを知りました。

ということで、今回は改めて、この AirDroid の機能を探ってみようかと思います。

AirDroid の進化で個人的に一番嬉しいのは、ログインが超簡単になったこと

そもそも、以前にこの AirDroid をスマホにインストールしたのは、冒頭に書いた通りスマホからPCに写真を転送したかったからなのです。

ところが転送する手順として、アプリを立ち上げるとアドレスが表示され、それをPC側のブラウザに打ち込むと、ウェブ経由でスマホ内のファイルが見えるようになるので、必要なものを選んでダウンロードする、といったような流れでした(記憶なので不確かだけど)。

この、アドレスをブラウザに打ち込むのが面倒臭かったので、これを使うのを止めて Any Send へと乗り換えたのですが、先ずはここが一番の進化ポイントでした。

AirDroid を使う前提条件として(Any Send を使う際と同様に)、スマホとPCとが同じLANネットワーク内に接続されている必要があります(以下の通り、必然ではないけど)。

現在は、Wi-Fi環境がなくてもモバイル通信(3G、LTE)でPCと接続できるようになったようですが、通信速度はメチャクチャ遅いようなのでWi-Fi接続の方が断然快適だと思います。

さて、Any Send の場合は、それぞれのデバイスにクライアントソフトをインストールする必要がありましたが、AirDroid では不要。代りにPC側でweb.Airdroid.comにアクセスしておきます。

すると、こんな感じのサインインのウィンドウが表示されます。

airdoridサインイン

今度は、スマホ側で AirDroid を立ち上げると、こんな画面が表示されます。

airdroid起動画面

この状態で、スマホのカメラをPC画面上の「QRコードをスキャン」に向け、スマホ側のQRコード風アイコンにタッチすると、スマホのカメラが起動すると同時に、PC側のQRコードを一瞬で読み取ってくれます。これで接続完了です。

「アドレスをブラウザに打ち込む面倒臭さ」から開放です。本当に一瞬で接続できます。

接続さえしてしまえば、スマホの中身は自由自在

接続後のPCは、スマホの中身にアクセスできる状態になっています。

airdroid1

試しに「ファイル」アイコンをクリックすると、こんな感じでスマホの中身がエクスプローラ的にアイコン表示され、簡単にスマホの中身へとアクセス可能になります。

スマホのファイル

「写真」アイコンや、「ミュージック」アイコンをクリックすると、スマホ内の写真や楽曲が表示されるので、そこからダウンロードでも、そこへのアップロードも自由自在です。

Any Send はファイルの転送に特化して、それを超簡単に実行してくれるアプリでしたが、こちらの AirDroid は(それも含めて)Androidスマホの中身を管理するためのツールです。

アプリをダウンロードしてインストールしたり、ファイルのコピーや削除、フォルダの作成、更には通話履歴や連絡先の管理等々、本当に何でも出来そうです。

また、「カメラ」というアイコンがありますが、これをクリックするとPC画面上にスマホ側のカメラ映像がリアルタイムで表示されます。

airdoridカメラ

どういう使い道があるのかピンときませんが、機能としては「凄い!」って感心。

色々と使い倒し甲斐のあるアプリのようです。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1144-b295dd1a

<< topページへこのページの先頭へ >>