Picture of the Month - December 2014

いつの間にか2014年も残り僅かになり、今日明日で終わろうとしています。「光陰矢のごとし」とは言いますが、「もう2014年なんだ」って思ったのは、つい先日のような気がする(因みに、光は日、陰は月のこと)。

12月に入ると、枝に残っている紅葉よりも、落ち葉となった紅葉の方が優勢に。

1412Pic-01

遠くの山の向こうに小さく見えるのは富士山。12月に入るとこのポイントから富士山が見える機会も俄然増えていきます。

1412Pic-02

冬の空の青と、夏の空の青とにどれくらいの差異があるのか分からないけど、地上の景色は(当たり前だけど)まるで違います。これから数ヶ月、茶色が占める世界が続くんですね。

1412Pic-03

なんか、雲が気持ち良さそうで。

1412Pic-04

なんてことのない写真に見えると思いますが、空を見上げたこの時、吸い込まれるというか、空へと “落ちて” いくような錯覚に陥りました。建物と雲の位置関係のせいなのかな。

1412Pic-05

川崎駅の夕暮れ時。不思議とこの場所で、雰囲気のいい夕暮れ時を迎えることが多い。

1412Pic-06

横須賀港の「軍港めぐり」ツアーで出合った空母ジョージワシントン。でも写真から、その大きさを感じ取るのは難しいですね。

1412Pic-07

自宅の2階から見た夕焼け空。

1412Pic-08

クリスマスなので「鳥の足」。日本で七面鳥ってのは一般的ではないしね。

1412Pic-09

12月28日、今年最後の忘年会に向け、鶴見川沿いを歩いている内に月が昇ってました。

1412Pic-10


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1149-bfc015ab

<< topページへこのページの先頭へ >>