NB-6L対応の互換バッテリー、当然当たり外れはあるよね

キヤノンのPowerShot S95、買う前からバッテリーの持ちが良くないという評判は知っていたのですが、まあ、いっぺんにたくさんの枚数を撮る機会もそんなに無いだろうからと、あまり気にはしていませんでした。

NB-6L対応の互換バッテリー、5~6回くらいの充電サイクルで死亡?

NB-6Lでも、予備のバッテリーは必要だよなあと、純正品ではなく互換バッテリーを購入しました。

写真の一番上がカメラ付属の純正品のNB-6Lです。

一番下が最初に買ったNB-6L対応の互換バッテリー(Made in China)です。Amazonで470円です。

因みに、純正品の価格は同じくAmazonで3,080円。

2種類のバッテリーを交互に充電しながら使って2カ月。充電サイクルで5~6回くらいかな。

先週のある日、その前の晩に充電完了済みの互換バッテリーをカメラにセットし、当日そのカメラを持ってお出かけ。

写真を撮ろうと液晶の表示を見ると、当然のことながらバッテリーは満杯です。

で、1枚目を写して、2枚目を撮ろうとしたら、液晶のバッテリーマークがエンプティ表示になっていました。

結局、その日は最初の1枚しか撮影することができませんでした。

一瞬、純正品を買おうかと思ったけど、値段を見て止めました

これは“ハズレ”を引いたかなと諦め、再び違う種類の互換バッテリーを購入すべくAmazonで探し、購入したのが写真真ん中の「ロワジャパン」の表記があるものです。

今回の製品も Made in China ですが、純正品も Made in China ですしね。

製品の正面にメーカー(代理店?)の表記があるのは、何もないよりは安心感があるように感じるのは私だけかな?

その後、新しく買ったバッテリーが届くのを待つ間、ダメになった“旧”互換バッテリーを試しに再度充電をしてみました。それも、充電完了表示が出たら充電器から外し、更にもう一度充電器にセットして充電を繰り返してみました。

すると、復活です。いつ切れるかとビクビクしながら使ってみましたが、普通に写真が撮れます。

結局、50枚くらいは撮れたでしょうか。まあ、予備の万一の予備くらいには使えるかもしれませんが、やはり信頼は置けませんよね。

“新”互換バッテリー、まだ使っていないので、どれくらいの耐久性(バッテリーの持続時間と製品の寿命の両面でね)があるかは、使ってみてから評価したいと思います。

それにしても、この“新”互換バッテリー、2個で740円です。純正品の1/8以下の価格です。使ってダメだったとしても諦めがつくかな。

コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/116-e677fa19

<< topページへこのページの先頭へ >>