Androidスマホのスクリーンショットに一苦労

Android端末(携帯電話)を使い出してから既に半年以上経つのに、操作とかアプリとか、未だにスッキリしていない点がいくつかあります。

その一つがスクリーンショット。iPhoneの場合は、本体上部の「スリープ/スリープ解除ボタン」と「ホームボタン」を同時に押すことで簡単にスクリーンショットが取れたのですが。

Android端末で調べてみると、機種によっていろいろと操作方法が異なるようですが、基本的には(Android 4.0以降の機種だと)「電源キー」+「音量下キー」を同時に長押しすればいいらしい。

私のは、SHARP WX04SH って機種ですが、どうやらこいつも当てはまるらしい。

スマホ電源と音量下キー

が、何度やっても上手くできません。「電源キー」と「音量下キー」を操作するので、タイミングによっては単に音量が下がるだけだったり、時には電源が落ちてしまったりと、うーん?

こりゃダメかなと諦めかけていたら、偶然出来ました。どうやら両方のキーを押すタイミングの問題のようですが、その後何度やっても上手く出来ませんでした。

この時は、偶然撮れた1枚を使えたので、それで終わりにしてしまいましたが、再びスクリーンショットが必要になり、さて困ったなと。

そうか、アプリという手があったな

改めて調べてみると、スクショ用のアプリがあるらしいってことで、いくつか試してみました。

スクリーンショットアプリ

左端は「スクリーンショット」というアプリ。操作方法はスマホの基本機能と同じで、「電源キー+音量下キー」の同時押しなのですが、同じく上手く機能してくれません(ボリュームが下がるだけとか)。

アプリの説明画面(Google play)には、「カメラ型アイコンをタッチしてスクリーンショット」が出来るような画面もあるのですが、このカメラ型アイコンを出す方法が分かりませんでした。

中央の青いアプリは「スクリーンショットイージー」。このアプリは、Google play の説明によると、「お使いのデバイスに応じて、次のトリガーを使用することができます」とのこと。

先ずは、基本(?)の

・「電源キー+音量下キー」を2秒間長押し
・「電源キー+ホームキー」を2秒間長押し

加えて、「オーバーレイアイコン」や「カメラのハードウェアボタン」、さらには「シェイク」等、いろんなトリガーを用意しているとのことですが、どうやら「お使いのデバイスに応じて」の通り(なんでしょう)、私のスマホでは基本操作以外は使えないようです(探しても見つからない)。

で、「電源キー+音量下キー」を2秒間長押しで、見事にキャプチャーできました! これまた両キーのタイミングにコツがいるようですが、慣れてくれば100発100中。

root とはいったい何者?

でも、コツもなんにもいらずに、アイコンをタッチするだけでスクショ出来るアプリはないのかと、3つ目のアプリにトライしたのが、右端の丸いオレンジ色の「スクリーンショット」。

これをインストールし、起動してみると、

DEVICE IS NOT ROOTED.

との文字が。そういえば、他のアプリでも「rootingが必要」といった表記を見かけましたが、さてこの root とはいったい何者なんだ?

どうやら簡単に言っちゃうと、iPhoneにおける「脱獄」や「Jailbreak」に相当するらしい。

通常、携帯端末は一部の権限しか与えられていない「ユーザー権限」というモードでシステムが起動しているので、色々と機能に制限があるそうなんです。

例えば、携帯に最初から入っているアプリを、「全く使わないから邪魔!」って思っても、これをアンインストールすることは出来ません。「ユーザー権限」にはその権限が与えられていないから。

これを、rootを取得することによって、携帯のシステム管理者となることができ、これまでには禁じられていた権限を取得することができるわけです。

ただ基本的には、携帯端末販売メーカーは「root取得」を公的には認めていません。そりゃ、下手したらシステムに重大なエラーを起こしてしまう可能性があるわけですから、当然と言えば当然。

ってことで、この「スクリーンショット」というアプリを使うには、「root取得」が必要なようです。

取り敢えずは「スクリーンショットイージー」でスクリーンショットが撮れるようになったし、ここで敢えて無理をする必要もないので、3つ目の「スクリーンショット」は使う前に検証終了。

ってことで、一件落着、かな。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1169-c763f6d5

<< topページへこのページの先頭へ >>