革製名刺入れの製作(第3回) -- カット用の治具を製作

胴体にポケットを接着し、後は周辺を切り落として糸で縫い上げれば完成予定の名刺入れですが、縫い作業にはレーシングポニーがあったほうが捗るよなってことで、前回はレーシングポニーの製作過程をお届けしました。

レーシングポニーも完成したので、いよいよ縫い作業に突入かと勇み立ったのですが、その前に周りの不要部分をカットする必要があり、ここで再び小休止。

胴体となる革にポケットを接着する際に、けがき線を合わせならが貼り付けましたが、両側のポケットの貼り付け位置が微妙に歪んでいるようです。

貼り付け完了

ポケットの外側に3mm残してカットしていく積りですが、このままポケットの絞りラインを基準にカットしてしまうと、キチンとした長方形にならないような気がします。

また、 “周囲3mm残して” というのも、これはこれでどうやってカットしていけばキレイに出来るのか、これといった妙案が思い浮かびません。

名刺入れって、意外と簡単に作れて、人にプレゼントするのにもちょうど手頃な気がするので、今後も継続的に作っていく予感がします。

ということで、この際今後のことも見越して、カット用の治具を作ってしまおうかと。

中が見えるカット用治具製作

治具のイメージとしては、ポケットの立ち上がり位置に接触する形で押さえ込み、その治具の外周に沿ってカッターでカットしていくような感じにしようかと。

名刺入れの大きさが確定していれば、治具の大きさもそれに合わせて作ればいいのですが、まだ試作中なので、治具のサイズも変更可能な作りにする必要があります。

2辺を直角でキッチリと押さえ、残りの2辺は治具を入れ替えてカットするようにしましょう。どんな感じになるのか、イメージできますか。

名刺入れを押さえつけた際に、どんな感じになっているか内側が見えるように、3mm厚の透明アクリルでパーツを切り出しました。

カット用治具パーツ

手前の細長いパーツは高さ5mmで、これが革の2辺を押さえつけると同時に、天板がポケットの出っ張りを押さえつけないよう、5mmの空間を確保する役目を担います。

今回のポケットの絞り深さは3mmでしたが、次回は5mmで作ってみようと思うので、それに合わせています。

ベース(天板)のアクリルの2辺に、このパーツを立てる形で接着し、5mmの壁を作りました。

カット用治具完成

残りの2枚のアクリル板は、残った辺に来る革の端を押さえつける積りでしたが、考えてみたら壁の高さは5mmなのに、3mmのアクリルでは厚みが足りませんでした。失敗!

治具を使ってカット作業

5mmの壁の内側を、ポケットの絞りの立ち上がり部分にあてがい、反対側は5mm厚のアクリル板を挟んで革を押さえつけ、この状態で治具の外周に沿って2辺をカットします。

カット用治具使って

治具の方向を入れ替え、4辺をカットして完了。キレイにカットできました。

カット完了

カット断面。一番厚いところは4枚の皮が重なっているので、厚さ約3mmあります。

カット断面

これで次回は、やっと縫う作業に入れそうです。


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1175-b048d691

<< topページへこのページの先頭へ >>