スピンドルケースを利用して、回転式ドリル刃スタンドを製作(3)

空のスピンドルケースを活用した回転式ドリル刃スタンドの製作ですが、前回の続きから。

ドリル刃を立てる円柱部材に必要な穴を開け終わったので、トップ面にくるアクリル円盤と木工円柱とを分離し、別々に仕上げていきます。

透明円盤を磨いて

アクリル円盤は、ドリル刃を差し込む穴の周りを面取りカッターで面取りしていきます。

穴の面取り

Φ1.5~Φ10mmまで、各サイズの穴がきれいに開いています。角が欠けたり、ヒビが入ったりしてる箇所もありますが、まあいいでしょう。因みに、例えばΦ4のキリを入れる穴はΦ4.5mmです。

アクリルトップ面完成

木工の円柱は塗装して

ベニヤ板積層の円柱は塗装でお化粧。

適当に塗装

切断面は塗料を吸い込んでしまうので、何度重ねん塗りをしてもきれいになりません。との粉で目止めをして紙やすりで磨いて、といった手間を掛ければ断然きれいになるのですが、まあ、ここにそこまでの力を入れる必要は無いだろうと、本当に適当に塗装して作業終了。

上面の外周には、ドリルサイズを記した紙をPCで作り、両面テープで貼り付けました。ただ、ドリル用の穴位置を決める時、そこまで意識していなかったので、スペースが狭くて数字が欠けたり。

ドリルサイズ表示

この状態で、スピンドルケースのセンター軸の上に乗っているので、クルクルと何の抵抗も無く回転します。思惑通りで嬉しい。

思惑と違ったのは、上面外周にある3つの “耳” 。当初は、この円柱の径と、この上に乗る蓋の外径とが同じで、ピッタリと乗る筈だったのですが、ちょっと微妙すぎて蓋が外れてしまうことも。

それを避けるための “耳” です。

そして完成

この上に、先の透明アクリル円盤を重ねて固定して完成。

ドリル刃スタンド完成

長いドリルの後ろ側に位置しているものとかは取り難かったりしますが、全般的には十分に満足できる出来だと思います。

長い(太い)ドリルは重量もあるので、それが並んでいる方に少し傾いたりしていますが、使用上は特に問題なさそうです。総重量約1.5Kg もあり、回転軸からキーキー擦れる音がしますが、これも愛嬌ってことで。

ドリル立て上から


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1179-977dc5e8

<< topページへこのページの先頭へ >>