革製名刺入れの製作(第4回) -- レーシングポニーのお陰で

製作途上にある革の名刺入れですが、縫い作業に入っていこうと思ったら、レーシングポニーが欲しくなって自作し、さて縫う前に周りをカットしようと思ったら、今度は治具が欲しくなって自作し、今回やっと縫う作業に入っていけます。

先ずは菱目打ちで穴あけ。私が持っているのは、2mm幅/4mmピッチのものですが、どうかなー、名刺入れ程度の小物だと3mmピッチくらいの方が合うのかな?

菱目打ち

やっと、縫うところまで来ました

全周に渡って穴を開け終わったら、いよいよレーシングポニーの出番です。名刺入れを挟んで固定し、向こう側から手前側に向かって縫っていきます。

レーシングポニーで固定して

いやー、縫うのが楽だわ。レーシングポニーなんて無くても縫えるんじゃね、って思っていましたが、これが有るのと無いのとでは、作業効率が大違い。

縫うことに意識を集中できるので、淡々と作業を進めていくことが出来ます。

で、縫いあがったのがこちら。どうでしょうか。我ながらいい出来だなーと自画自賛。縫い始めと縫い終わりの処理もキレイに出来たし、途中で糸を繋いだ箇所もまあまあの出来。

縫い完了内側

表側の方が縫い目が真っ直ぐのようです。表側から菱目打ちを打ち込んでいるので、菱目打ちが微妙に垂直でなかったりして、裏側は少し蛇行してしまったようです。

縫い作業完了

いやー、レーシングポニーって偉大だわ

同じ革と糸で、以前に縫ったものがありますが、今回のと比べると雲泥の差。この違いを生み出しているのは、ひとえにレーシングポニーのお陰だと思います。

以前の縫い目

縫い目の仕上がりをキレイにするには、針と糸の向きや手順を必ず同じにして縫い進めることだとは分かっていて、その積りで縫い上げた結果がこれです。

この時はレーシングポニーを持っていなかったので、気持ち的には “同じ手順で” って思っていても、他に意識がいってしまって、ついつい疎かになっていたんでしょうね。

レーシングポニーのお陰で、「縫うのが億劫」から、「縫うのが楽しみ」に変わりました。

ところで、レーシングポニー本体の保持の仕方ってどうやるんでしょうか?

クランプでテーブルに固定してといった方法もあるのでしょうが、今回わたしの製作したものの形状からすると、お尻の下に敷いて使うのかなって思っています。

これが正解だとすると、レーシングポニーのベース板が少し短く、少し厚いかもしれません。もう少し薄い板で、さらに角を丸めることでお尻への “当たり” を柔らかくしたい。長さももう少しあると、さらに自由度が広がりそうな気がします。

その有用性は今回の作業で十分に実感できたので、さらに完成度を高めたいなと。

さて、名刺入れの製作もいよいよ最終段階に。次回はコバ処理の予定なんですが、ウッドスリッカーとか欲しいなー。


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1184-d7dfe9de

<< topページへこのページの先頭へ >>