11月下旬は、「日毎寒さがつのります」って言葉が似合う?

都はるみさんの歌「北の宿から」の中に、「日ごと寒さがつのります」という歌詞がありますが、つのるとは「募る」で、意味を調べると「ますます激しくなる」とあります。

横浜辺りで寒さが “激しくなる” とはおこがましい気がしますが、11月も下旬ともなると、日一日と寒さが増してくるのは確かですよね。

新横浜駅へと続く新横浜通り。と思っていたけど、調べてみたら、新横浜通りはこの地点から200mくらい後方にある烏山東交差点のところで終わっているようです。で、ここは環状2号線。

1411下旬-01

枝に残っている紅葉と、地面を彩る紅葉とが半々くらいかな。

1411下旬-03

春には桜の花でピンク色に染まる景色が、今は赤茶色の絨毯が敷かれたように。

1411下旬-02

この実(花?)、なんていう名なんだろ? 子どもの頃、この実を銀玉鉄砲の弾の代わりに試したことがあったな。柔らかくて全然ダメだったけど。黒くなったオシロイバナの種でもダメだったしね。

1411下旬-04

見慣れた景色ではあるけれど、空気がピリッと締まって清清しい感じが。

1411下旬-05

雲ひとつなく、もう本当に抜けるような青空。

1411下旬-06

この日、東京外語大の府中キャンパスで開催されている学園祭(外語祭)に行く予定が、朝起きてみたら足が痛い。前日、この季節にしてはポカポカ陽気に誘われていつもより長めのランニングをしたら、その帰り道でふくらはぎを痛めてしまったんです。

それほど大したことではないだろうとたかをくくっていたのですが、いやいや、痛くて歩けない。それでも待ち合わせの時間に合わせて家を出たのですが、駅に向かう途中で断念。

一緒に行く予定だった人にドタキャンの電話連絡を入れ、びっこを引きながら帰ってきました。

帰りながら岸根公園に寄り道して、秋の岸根公園の風景を撮影。休日だけど、まだ比較的朝の早い時間なので、公園の人影も疎らですね。

1411下旬-07

樹々も葉を落とし、すっかり冬支度が整っているようです。

1411下旬-08

こちらはまだ紅葉の真っ最中。

1411下旬-09

紅葉した葉を見ていくと、中には驚くほどきれいな葉もあり、自然の不思議を感じます。

1411下旬-10

ここは岸根公園の中でも桜が密集している場所で、季節時には花見の人たちが押し寄せてきますが、今は秋。

1411下旬-11

野球グラウンドでは、朝早くから少年野球チームの試合が始まっていました。

1411下旬-12

さて、もう少しで2014年最後の月、12月に突入です。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1188-286b33e5

<< topページへこのページの先頭へ >>