革製名刺入れの製作(第6回) -- ポケット部の絞り加工完

前回、絞り加工用の凸型と凹型の間に押し込んだ、名刺入れのポケットパーツが乾燥しました。

表用と裏用に2枚の革を重ねて絞ったのですが、前回触れたミスとは、2枚の革を同じ向きで絞ってしまったことです。ま、裏側はポケットの内側になって見えないので良しとしましょう。

1枚目を剥がす

型から外した2枚の革の間に木工用ボンドを塗布し、再び型の上で重ねます。

革絞り完了

四方を凹型とクランプとで押さえ、中心部も浮いてしまわないように板とクランプで固定。

裏表接着

半日くらい待ち、ボンドが乾いたら、両側のポケットを切り出していきますが、直線で切るのも味気ないので曲線でカットしてみようかと。

アクリルの端材で曲線カット用の治具を作りました(大きな穴が開いているのは端材だからで、特に意味はありません)。

曲線カット型

カット用治具をボンドの乾いたポケット部材の上にクランプで固定し、治具に沿ってカッターで切っていきます。

デザインカッターで

使ったのは、このデザインナイフ。刃の部分が自在に回転するので、刃の向きが治具に沿って勝手に動いてくれます。でも、使い慣れないと逆に刃先が動いてしまって使い難いけど。

デザインカッター

少し刃先が鈍ってきているようで、微妙に汚いカットラインですが。

曲線カット完了

両側のポケット部材の切り離し完了。凸型にカッターの切り込みラインが入ってしまいましたが、まあ仕方のないところかな。

曲線カット完了2

カットラインの内側に、曲線と平行に引かれた薄い線が見えると思いますが、次回、このライン上を手縫いしていく予定です。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1194-aab4f307

<< topページへこのページの先頭へ >>