あれから3年。この中から未来の日本の料理界を担う人材が・・・

三男が通う調理師学校の卒業作品展に行ってきました。そう、あれから3年が過ぎたんですね。

卒業作品展看板

3年前の記事にはこんなことを書いていました。

今はまだブカブカの制服で子供子供しているこの子も、3年後の卒業式の時には制服も小さくなり、もう立派な青年になっているんだなって思うと、なんか寂しくなりました。

その3年後の卒業式も間近です。

彼が通っていた学校のある町を歩きながら、5年後10年後に、彼はこの町をどんな感慨を持って思い出すのかなって、自分の過去と照らし合わせながら思いを馳せていました。

今感じているのは、やっぱり寂しさですね。もう学校を卒業するんだな、社会に出て行くんだな、親から独立していってしまうんだな、って(まずい、涙が出そうだ)。

もう一つ感じていたのは、月並みな表現ですが、「月日が経つのは本当に早いなー」ってこと。

いつの間に3年が過ぎてしまいました。三男含め、この学校の生徒たちは、3年間の間に(1年制のクラスもありますが)本当にたくさんのことを学んできたようです。

今回、見させて頂いた作品は、どれも素晴らしい出来でした。

それに比べて、自分はこの3年の間に何を学んだのだろうか、どんな成長をしただろうか、何かを達成できただろうか。

うーむ、反省は反省として、過去を振り返るのはやめよう。また寂しくなるからね。

気を取り直して、卒業作品を紹介させて頂きましょう。

料理写真6種-1
料理写真6種-2
13-18料理写真6種-3
料理写真6種-4
料理写真6種-5
料理写真6種-6
料理写真6種-7
料理写真6種-8
料理写真6種-9

卒業作品展の看板の写真を見ていたら、「全56チーム」になってました。どうやら、2チームの写真をミスってしまったようです。撮れなかったチームの皆さん、ゴメンナサイ。


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1220-2ebbde2e

<< topページへこのページの先頭へ >>