早春のみなとみらいで、過ぎ去った青春の日々に涙する?

二十四節季の一つ、啓蟄を明日に控えた今日、風が少し冷たく雲もちょっと気になるけど、まあまあのお天気の中、みなとみらいをお散歩。

“啓蟄” という言葉を初めて知ったのは、山口瞳さんのエッセイの中でした。

啓蟄の “啓” とは、「開放する」といった意味があって、啓蒙とか啓発といった言葉で使われていますね。もう一方の “蟄” には蟄居という言葉がありますが、これは江戸時代、武士に科した刑罰の一つで、家の中に閉じこもっていることです。

で、啓蟄は「冬ごもりのために土の中に隠れていた虫たちが、春の暖かさを感じて外に這い出てくる頃のこと」ってなるわけですが、山口瞳さんのエッセイの中にこんな一節があります。

「春になると気が散って駄目なんですよ。地面に青いものが出てくるでしょう。そうすると、それは何だろうと思って、じっと見ているんですよ。なんの芽だろうかと思ってね。・・・・・それから外の方へ行ってみるんです。ずっと一回りしてくるんです。青いものを見に行くんです。そうやっていると、まず、一日が終わってしまいますね」

人も虫も同じってことですね。春になって陽気が暖かくなると、もぞもぞと外に出たくなるんです。

150305みなとみらい-01

幼稚園児たちが元気にはしゃぎ回っている岸根公園の地面はまだまだ茶色一色ですが、緑色に変わる日もそう遠くはなさそうです。

150305みなとみらい-02

横浜駅の海側裏手にある横浜ベイクォーター脇から出航しようとしているシーバス(バスのスペルは、BUSではなくBASS-スズキであることに今日気が付きました)。

150305みなとみらい-03

途中でおにぎりと缶ビールを買って臨港パークに到着すると、ベイブリッジの下を大きな客船が潜り抜けようとしています。写真を拡大すると、「OCEAN DREAM」と読み取れます。

150305みなとみらい-04
ピースボートの船で、昨年11月に地球一周の旅へと出航していった客船が、約3ヵ月半の長旅を終え横浜へと帰港し、そして旅の終着地点である神戸へと出航していく姿のようです。

今日は風が少し強いので、臨港パークで食べるお昼ご飯も、ちょっと寒いかな。

150305みなとみらい-05

ビール片手におにぎりを食べていると、沖合いを「神奈川県警察」の文字の入ったパトボート(?)が疾走していきました。初めて目にする勇姿です。

150305みなとみらい-07

昼食を終え、再び歩き出して横浜税関資料展示室へと向かいました。前回、「おっさん達の社会見学」ツアーで訪れた際、閉館時間を過ぎていて入れなかったところです。

150305みなとみらい-10

横浜税関の “建物” (クイーンの塔)に関しての資料館だろうと思っていたら、 “税関” についての資料展示室でした(ちょっと、ガッカリ)。

150305みなとみらい-06

税関の役割や仕事、不法に入ってくる麻薬やニセモノ(コピー商品)などが展示と共に説明されています。このところ色々と買い物をしているAliExpressからの商品も、ここ(なの?)でX線検査をされてるんですね。

150305みなとみらい-09

赤レンガ倉庫パークで開設されていたスケートリンクは、どうやら終了したようです。ここから、山下公園へと向かいます。

150305みなとみらい-08

山下公園を抜け、更に本牧方面を目指して歩き、港の見える丘公園に到着。高台にある公園でスマホのラジオを聞いていたら、公開中の映画「くちびるに歌を」を紹介していました。

150305みなとみらい-11

この映画、アンジェラ・アキの『手紙 ~拝啓 十五の君へ~』をモチーフにした小説を映画化したものとのことで、この歌の合唱バージョンを流していたんですが、聞いていたらなぜか涙が滲んできました。遠く過ぎ去ってしまった “青春” を思って、感傷的になったのかな。

私が感傷に浸っていたら、いま話題の自撮り棒で写真を撮っているカップルがいて、つい笑ってしまいました。実は、この日、さらに2組の自撮り棒カップルを見かけ、その浸透ぶりに驚いた次第。

150305みなとみらい-12

だいぶ日も傾いてきたので、そろそろ家路へとUターンです。何の変哲もない石川町駅前を通り、中華街を抜け、横浜球場方向へと向かいます。

150305みなとみらい-13

日本大通りまで戻ってきました。ここには関東大震災により打撃を受けた旧・横浜商工奨励館が横浜県庁の斜め向かいにあります。下の4階建ての部分が旧館を利用したもので、さすがに威風堂々とした佇まい。

150305みなとみらい-14

そして、再び赤レンガ倉庫パーク、新港パーク、そして臨港パークを通って、みなとみらいとお別れ。

150305みなとみらい-15

総歩数約3万歩の早春のお散歩でした。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1248-a17bc206

<< topページへこのページの先頭へ >>