AVR StudioからHIDaspx経由で「Lチカ」プログラム書き込み

前回出来上がったAVR StudioとHIDaspxとの開発環境の動作確認をしていきます。

C言語でプログラムしていきます

AVR Studioを起動し、「New Project」を選ぶと、アセンブラで作るのか、それともC言語で作るのかの選択を迫られます。もちろん、C言語でも恐れ多いですが、アセンブラは更に・・・

ということで、「AVR GCC」をクリックして選択します。

ところで、AVR Studio のパッケージにはアセンブラのみが付属しており、C言語などの高級言語の処理系は含まれていないそうです。

そのため、以前は(このシリーズの初回でインストールした)WinAVRというコンパイラをAVR Studioに組み込むことで、C言語を利用した開発環境を構築していたとのこと。

ところが、 WinAVR の開発は既に終了していて(新しいものはもう出てこない)、Cコンパイルの作業は AVR Toolchain に引き継がれたらしいのです。

前回、AVR Studioと一緒に(訳も分からず)ダウンロードした「Atmel AVR 8-bit and 32-bit Toolchain 3.4.1 - Windows」には、そういう意味合いがあったのですね。

Projectの名前、保存場所、デバイス等を選んで

続けて「Project name:」のところに(これから作るプロジェクトの)適当な名前を入れ、そのプロジェクトを保管しておく場所を「Location:」で指定。

new project

私の場合、デスクトップの「AVRマイコン系」フォルダの中の「取り敢えず保管」というフォルダに、作ったプロジェクトを保存しておくことにしたのですが、これが後で問題を引き起こすことになります。

続いて、「Debug platform:」には「AVR Simulator」を、「Device:」には今回使用する予定の「ATtiny2313」をリストの中から選んで「Finish」。

デバイス選択

「make:Makefile: No such file or directory」って、何だよ?

さて、現れたウィンドウの中にC言語でプログラムを組んでいくのですが、取り敢えず「AVR Lチカ」で検索して見つけた中から、適当なのを(出力ピン番号だけ変えて)流用させて頂きました。

続けて、メニューアイコンの中から「Build」をクリックしてコンパイルしようとしたのですが、

Makefile?

「make:Makefile: No such file or directory」とのエラー表示が。

うん? Makefile って何だ? Makefile ってのを自分で作る? あれこれ検索したけど分かりません。その内に、いろんなところで見かける「全角文字は・・・・・」ってのが原因なのかも、と。

もしかしたらエラー表示の、「No such file」ではなく、「No such directory」の方なのかも。

プロジェクトの保管場所のディレクトリが、プログラムを記入したウィンドウの下に表示されていますが、この中に「マイコン系/取り敢えず保管」と全角文字が入っているのが原因なのかな?

ということで、デスクトップに「AVR」というフォルダを作り、そこをプロジェクトの保管場所として指定し、改めて同じことを繰り返してみると、

ビルド成功

今度は、無事に「Build succeeded with 0 warnings...」となりました。

因みに、試しにとデスクトップ上の「AVRマイコン系」フォルダを保管場所として指定してビルドしてみたら(C:\Users\My name\Desktop\AVRマイコン系\tiny2313・・・)、こちらも成功しました。

色々と検索した中で、たまに見かけた「出来るだけドライブのルートに近い位置にフォルダを作って」というのは、こういうことを言っていたんだなって納得。

実際、「C:\AVR\folder」なんて感じがベストらしい。

ビルドが成功したら、HIDaspxとPCとをUSBで接続し、デバイス(ATtiny2313)をセットし、最後に前回 AVR Studio と関連付けた「HIDaspxWrite」を、メニューバーの Tools から選びます。

無事にATtiny2313へとプログラムが焼き込まれ、LEDが点滅を始めました。

今回は、ここまで。次回へと続きます。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1260-bb11adf5

<< topページへこのページの先頭へ >>