ランニング時の携帯品の防汗対策って、結構大事なことで

ランニングの時に携帯して走るスマホとカメラの防汗対策用に、ネオプレンゴムで出来たウェストバッグを AliExpress で買ってから2週間ほど経過したので、使い勝手など軽く。

今回、このウェストバッグに求めたのは、中の収納物が汗で濡れないこと、スマホとカメラの出し入れは楽に出来るけど、走る際にバッグの中で踊って欲しくないこと、てな感じかな。

まだ本格的な汗をかくような季節ではないので、防汗に対しては正確な判断を下せないと思いますが、雰囲気的にはまあ悪くないんじゃないかな、と。

でも以前、やっぱりネオプレンゴム製のアームバンドタイプのケースに iPhone を入れて走っていたことがあるけど、走り終わった後に見たら、前面の透明フィルムの窓が曇ってたことがあるので、やっぱり最終判断は夏に入ってからかな。

何も入れないとペッタンコなのに、収納力はけっこうあります

こんな感じで詰め込んでいます。胴体側にスマホを入れ、仕切りを挟んで外側にはカメラを入れています。横の小銭を入れる(?)ポケットには万歩計がピッタリと入ります。

ウェストバッグにつめて

チャックを閉めると、想定通りネオプレンの生地が伸びて、スマホとカメラをガッチリと保持してくれるので、少なくとも走る振動で中身が暴れる恐れはまったくありません。

伸びる素材

これまで微妙に苦労していたスマホからのイヤホンコードの取り回しも、バッグ下部のコードの通し穴から出せ、イヤホンリモコンのクリップを取り付けるための帯もあって、結構便利。

一つ残念なのは、中身とチャックとが直接接触することかな。たまに、中身を保護するためにチャックの内側に “ベロ” が付いていることがありますが、そんなのが欲しかった。

ネオプレンゴムの伸縮で、チャックが(カメラ上部辺りに)押し付けられる感じになるので、尚更その感が強い。チャックの開け閉めの際にも気を使うしね。

何も入れないときは下の写真のようにペッタンコなのが、上の写真のように膨らむわけですから。

ウェストバッグ1

もう一つ気になるとすれば、ベルトがゴム製なこと。商品の説明文(へんてこな日本語訳)から、もしかしたらそうかもしれないなって思っていたけど、やっぱりそうだった。

ゴムのベルトって良し悪しなんですよね。

締め付けが弱いと、ウェストバッグ自体が走るのに合わせて暴れてしまうし、かといって締め付けを強くし過ぎると、それはそれでウェストが痛くなるし。

それに、最初の頃はいいけれど、ゴムがヘタってくるだろうしね。場合によっては、普通の(ナイロン製の)ベルトに交換しちゃった方がいいかもしれないな。

ということで、微妙に改善点はあるけれど、まあ80点くらいはあげられるんでないでしょうか。


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1267-1f29f558

<< topページへこのページの先頭へ >>