「行動」を起こすことで、何かを失うと恐れている?

目標達成のためには行動を起こす必要があって、でもその行動を起こすには十分な動機が必要で、というのが前回前々回の話でした。

今回は、前の二回の内容を踏まえて、いくつかの質問を投げかけていきたいと思います。

20120412みなとみらい

欲しいものは何? もし手に入らなかったらどんな人生になると思う?

(1)1年後、5年後に何が欲しいか? どんな自分に、生活に、人生に、環境になっていたい?
  • どんな健康状態でいるか
  • 欲しかったものは買えているか
  • パートナーとはどんな関係か
  • 子供とはどんな関係か
  • 両親とはどんな関係か
  • 何に充実感を感じているか
  • 年収はいくらか
  • どんな職場で、どんな役割を担っているか
  • どんな家に住んで、どんな車に乗っているか
  • どんな人と結婚して、子供は何人いるか
  • どういう友人達に囲まれているか
  • 周りとはどんな人間関係になっているか
  • 自分のどんな得意分野で活躍しているか
  • どんな技術をマスターしたか
  • 何の資格を取ったか
  • 人はあなたのどんなところを誉めてくれているか
  • 人はあなたをどう思っているか
  • 自分のどんな所が好きになっているか
  • どんな時間の使い方をしているか
  • 休日はどんな過ごし方をしているか
  • どんな趣味を楽しんでいるか
  • どんな夢を持っているか
  • どんな貢献をしているか
例えば、こんな感じですが、人それぞれの、そしてあなたの “欲望” を具体的にしてみませんか。

(2)そんな状況を作り出すためには、どんな目標を達成する必要があると思う?

欲しい状態に応じて、最終的な目標地点だけでなく、大小様々なマイルストーン的な目標を設定していく必要があります。

最終目標が、よく言われるところの SMART になっていることが大切。特に、「期限」と「測定可能」という2項目。これさえ明確なら、途中のマイルストーンを設定するのもそれほど難しくはないでしょう。

(3)もし、「欲しい人生」を達成できなかったとしたら、どんな「人生」になっていそうだと思う?

(1)で挙げたような状況になって “いない” 人生は、あなたにとって楽しそうですか?

そのために、どんな「行動」を起こすか

(4)目標を達成するために、どんな行動をすることが必要かな?

目標を達成するには、結局のところ「行動」するしかないのです。でも、それって具体的にはどんな行動になりそうですか?

「英検一級に合格する」という目標なら、「毎日、2時間勉強する」といった感じで難しくはありません。でも、「健康になる」という目標だと、どうでしょうか。

ここでも、SMART な目標設定になっていることがポイントかもしれません。「健康になる」とは、もっと具体的にするとどんな状態なのでしょうか。

(5)目標達成に必要な行動で、自分にとって大きなチャレンジと思われるものは何?

行動するということは、多かれ少なかれ、未体験のゾーンに足を踏み入れるということだと思います。なぜなら、今までやってきた行動で達成できるような目標なら、既に達成している筈ですから。

だから、怖いんです。「安全領域」から「チャレンジング領域」へと踏み出す必要があるから。

(6)その「行動」が実行できなかったとしたら、どういう状況(感情、生活、人生)になりそう?

(3)と同じような質問に思うかもしれませんが、ちょっと違います。(3)は、「結果」の話ですが、これは「過程」の話です。

詰まるところ、人生は「結果」も大事ですが、それ以上に「過程」が大事だと思うんです。と言うか、「過程」の連続こそが人生なわけですから。「結果」は単なる結果であって、それは人生ではありません。

簡単に言えば、行動していない自分に対して、どういう感情を持つかってことです。

(7)その「行動」が実行できたとしたら、どういう状況(感情、生活、人生)になりそう?

(6)の裏返しですね。行動している自分をどう思うのか。

(5)で書いた通り、目標に向かって行動するということは、恐怖心を抑えてチャレンジしているということです。そんな自分をどう感じますか。誇らしく思えそうですか?

(8)目標達成に必要な行動は実行できたけど、目標は達成できなかったとしたら?

まあ、こういう可能性も無きにしも非ずでしょう。

そんな時、目標を達成出来なかったことに落胆するのか? それとも、目標に向かって行動した自分を褒めてあげられるのか? 目標に向かって行動した人生を楽しかったと思えるのか?

(9)行動を起こすために、また続けていくために、後押しする考え方、言葉などは持ってる?

究極的なものとしては、「信念」というようなものかもしれません。それ以外にも、本で出会った言葉とか、名言・格言の類でも何でも、なにかあなたの行動を支えてくれるようなものがありますか。

挫けそうになった時、帰って来るような場所みたいなものかもしれません。

「失敗をした。でも、行動したからこそ失敗をしたんだ。失敗は恥ではなく、むしろ褒められるべきことである」みたいな。

その「行動」を起こすことで、何か失うものがある?

(10)その行動を起こすことで、失ってしまうかもと思っている事(怖い事)は何?

失敗が怖くて行動出来ない人がいます。これは、失敗すること自体よりも、失敗することで自分に対する自分自身の評価や人からの評価を失うことが怖いんですよね。

要は、自分自身のプライドを失うとか、人から陰でコソコソ言われるといったことが怖い?

(11)失うかもと思っている事を、実際に失ってしまったらどうなりそう?

それは、本当に失うものですか?(今は本当に手に入れてるの?)

もし、失ったとしたら、あなたの人生にとって致命的なことですか、修復できないようなことですか?

(12)失うかもしれないこと、得られるかもしれないこと、どちらの方がより大切?

(13)失うものを恐れて行動しなくても、(1)の状態になる方法はありそうかな?

(14)あるいは、失うかもしれないことを守って、その結果 “無難な人生” でも良しとする?

(15)「人生」を変えるためには、あなたのどんな「考え方」を変える必要があると思う?

(16)もう一度、1年後、5年後、自分はどうなっていたいのかと問い質してみる。

(17)本当に、“恐れ”を乗り越えて、新しい行動、チャレンジをする気持ちはあるの?



関連記事
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/130-866c167a

<< topページへこのページの先頭へ >>