3種類の方式の電子オルゴール -- その音の違いは

ATtiny85を使って「ChaN氏の電子オルゴール」の製作に取り組んできましたが、ATtiny85のヒューズビットの書き換え方法(と設定)が分かったことで、ゴール間際までたどり着いたようです。

WaveTable 音源も減衰矩形波も減衰正弦波も、その理屈はさっぱり分からないけど

「ChaN氏の電子オルゴール」は、WaveTable 方式の音源を用いて音を出しています。

これは、実際の楽器の音(今回はオルゴール音)をサンプリングし、加工したものをメモリーに保持しておいて、必要な時に加工し再生する仕組みだそうです(私には何となく分かる程度)。

簡単に言えば、実際の楽器の波形データを元にして音を合成しているので、リアルな音を再現することができる、ってことなのでしょう。

電子オルゴールの世界に足を踏み入れたのは、1個100円のメロディIC基板からでした。これに続いてメロディIC単体にもトライしたのですが、音がチープだったり、曲目が限られていたり・・・・・

その後に出会ったのがAVRマイコンによる電子オルゴールの製作でした。

教科書にさせて頂いたのは、弘前大学の小山先生の「私だけの電子オルゴール」というHP(もちろん、これだけではありませんが)。

この「私だけの電子オルゴール」では、減衰矩形波と減衰正弦波の2種類の波形の電子オルゴールを作ることができます。

音を聞き比べてみると、その違いは歴然

減衰矩形波と減衰正弦波の違いは、説明を読んでも私にはよく分かりません。当然のことながら、この2つとWaveTable 方式との違いも説明できません。

なので、ここでは実際の音の違いを聞いてもらおうかと動画をアップロードしてみます(カメラで録画し、音だけ抽出するのが面倒臭かったので動画にしただけで、映像に意味はありません)。

先ずは減衰矩形波によるもの。


続いて減衰正弦波によるもの。


最後にWaveTable 音源によるもの。


いずれも、「ふるさと」の同じ楽譜の途中部分を3和音で演奏しています。

因みに、実際に音を生成しているのは、ATtiny85とスピーカーと抵抗一つに5V電源だけ。右側の電子回路はマイコンへの書き込み装置です。

音の生成部

3種類のどの音にも、それぞれの “味” があるかなって思います。少なくとも、一番最初に聞いたメロディIC基板から出される音のガッカリ感に比べれば、もう本当に雲泥の差。


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1300-b519fa99

<< topページへこのページの先頭へ >>