GIOS NATURE のオーバーホール(3)前後ギア分解清掃

今回は、クランクと前後のギア(チェーンリングとカセットスプロケット)を分解、清掃し、組み立て直していきます。

クランクとチェーンリングの分解、清掃、そして組み立て

クランクの外し方は以前の記事を参考にして下さい。

右クランクからチェーンリングを外し、清掃します。ここは特に問題ないでしょう。

但し、組み立て直すときには少し注意が必要です。一つは、チェーンリングの裏表を間違えないようにという点と、もう一つは、取り付け位置に注意を払いましょう。

クランク清掃後裏表
写真は、清掃し組み立て直したクランクとチェーンリングですが、右側の裏から写した写真に注目して下さい。

アウターもインナーも、赤い丸で囲んだ部分に突起があると思います。この突起部分をクランクに合わせて組み立てます。ものによっては、▽マークがついているチェーンリングもあるようです。

裏表や取り付け位置を間違えて組み立てると、変速性能が落ちたり、チェーンが外れやすくなったりするので、注意深く作業を進めましょう。

基本は、分解する前の状態を覚えておき(写真を撮っておき)、その状態を再現することです。

スプロケの分解、清掃、そして組み立て

次はカセットスプロケット(後輪に着いているギア)の分解、清掃、そして組み立てです。

必要な工具は、スプロケリムーバー(写真左)とスプロケットロックリング抜き(写真右)なる2つの工具です。

カセットスプロケット用工具
といっても、見てもらえば分かる通り、スプロケリムーバーは本物を参考に(パクって?)自作したものです。

木の端材に不要になったチェーンのカットしたものを木ネジでとめただけのものです。見た目はいまいちですが、そんなに頻繁に使う工具ではないし、それほど力のかかる工具でもないので、機能的にはこれで十分です。

カセットスプロケット外し使い方はこんな感じになります。

ギアにスプロケリムーバーのチェーン部分を引っかけ、スプロケが回転しないように保持した状態で、スプロケットロックリング抜きをモンキーレンチで左回転で回していきます。

ロックリングを外してスプロケを外します

スプロケロックリングが外れました。

それにしても汚い状態です。もう少し頻繁に整備をしなければいけませんね。










フリーハブ上の状態からスプロケを外すと、フリーハブが出てきます。










1枚ずつ清掃したら、組み立て直す前にギアの裏表に注意

ばらしたギアギアとスぺ―サを全てバラバラにし、1枚ずつ清掃した状態です。

ギアは油にまみれていますが、パーツクリーナーで清掃すると比較的簡単に光り輝く状態に戻すことが可能です。

上段の左から2つ目の部品がロックリングです。

ギア1枚清掃が終わったら組み立て直していくのですが、リアギアは、フロントギア以上にギアの裏表に注意しましょう。

写真に「13T」という刻印が見えると思いますが、全てのギアの刻印側が表です。

写真では分かり難いと思いますが、9つある内側への“出っ張り”の内、「13T」という刻印部分の出っ張りだけ、他に比べて幅が広くなっています。

フリーハブも、それに対応した形状のスプラインが入っているので、ギアの取り付け位置を間違えることはありません。

5枚セットに4枚加えて、ロックリングで固定

リアギア組み立てインナー側から5枚は、細いビス3本で一体化されているので、5枚のギアと4枚のスペーサをフリーハブに装着した状態でネジを差し込み、六角レンチで締めつけていきます。








リアギア組み立て2残り4枚のギアをフリーハブに差し込みます。












リアギア組み立て完了最後にロックリングで固定して組み立て完了です。

因みに、組み立ての際は、締めつけ方向に対してスプロケのロック方向が逆なので、スプロケリムーバーは不要で、単にスプロケットロックリング抜きをモンキーで右方向に回すことで装着が可能です。

実はここで大きなミスをしているのですが、その話は次回また。






コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/133-2c9a6235

<< topページへこのページの先頭へ >>