「下り最大2Gbps」を謳っているNURO光、我が家では遅い?

取り敢えず稼動し出したNURO光の使い心地(要は通信速度ですけどね)をレポートとしようかと思い、結構ワクワクしながら測定してみたら、途中から意気消沈・・・いやいやいや、ちょっと待てよ。

さて、どんな結末になることやら。

auひかりの時の回線速度は

先ずは、NURO前(auひかり)の状況確認から。

有線LANについては、NURO光に乗り換えようと決めたときに測定していました。

旧速度

上の通り、2種類の通信速度測定システムでやりましたが、「下り」で90Mbps前後ってところ。

旧環境を撤去する前に無線LANの方も測定しておこうと、ノートPCで実施してみると、

スピード旧無線LAN
左側がNUROオリジナル通信速度測定システム、右側はRadish Network Speed Testing

さて、これがNURO光ではどうなるのかと、大いに期待しながら測定してみた結果は・・・

NURO光では ・・・ うん?全然スピードが伸びていない

先ず、有線の方。

新有線2
あれー? なんかほとんどスピードアップしてない! 90Mbps→95Mbpsなんて、ほんと誤差範囲でしょ。「下り最大2Gbps」の宣伝文句はどこに行っちゃったんだ!

さすがに2Gbpsそのままなんて期待してはいないけど、それでも2倍、3倍くらいにはなるかなって思うじゃない。それなのに、これ? もう本当にガッカリ。

でも、まあこんなもんなのかなって思いながら、Radish Network Speed Testingにある「みんなの測定結果」を覗いてみたら、なんと皆さん、結構スピードが出ています。

NURO光他の人の速度
上は適当にピックアップしたものですが、速い人は下りで700Mbpsオーバー。羨ましい。

でも、何が違うって言うの? 千葉と神奈川の違い? それともPC環境とか? うーん?

無線LANの方は、なんと有線LANのスピードを超えています・・・なんで?

気を取り直して、無線LANの方を測定してみると、

新無線

あれっ、こっちはやけにスピードアップしてる。「下り」で比較すると、4~5倍近くのスピードアップ。NURO光が謳っている最大速度450Mbpsにはまだまだだけど、これならまあ納得かな。

が、有線より無線の方がスピードが速いって、どういうことよ? やっぱり、PC環境に問題あり?

原因はLANケーブルかと思いきや・・・・・

で、少し調べてみると、分かりました。なるほど、LANケーブルにはカテゴリってのがあるんですね。聞いたことはあったけど、これまで気にしたことがなかったな。

CAT5(カテゴリー5)だと通信速度は100Mbpsまで。1Gbpsの通信速度に対応するには、CAT5e(カテゴリー5e)かCAT6のLANケーブルにする必要があるらしい。

これが原因だ、我が家のLANケーブルなんてずいぶん昔に買ったやつだから、こいつを変えれば通信速度は急激にアップ!なんて、勇んでケーブルの確認をしてみたら、なんと・・・・・

LANケーブル
2本のLANケーブルを継ぎ足して使っているのですが、ご覧の通り「5e」と「6」でした。

なんだ、ケーブルが原因じゃなかったんだってガッカリしながら、他の原因になりそうなことを調べてみたら、PCのLANポートの規格の話が。

NURO光のスピードを享受するには、LANポートが「1000BASE-T」に対応していなければいけないんだけど、少し前のPCだと「100BASE-T」の可能性があると。

いやいや、そこまで古いPCじゃないと思うけどなって調べてみたら、なんと・・・・・

100Mbpsだった

ふー。原因は分かったけど・・・・・1000BASE対応のLANボードを増設しなっきゃいけないのね。



関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1330-3246e35e

<< topページへこのページの先頭へ >>