サクセス・ウィズアウト・リミット(4) -- に、触発されて?

少し間が開きましたが、5月8、9日と東京ビッグサイトで開催された「サクセス・ウィズアウト・リミット」(SUCCESS WITHOUT LIMITS)の前回の続き・・・とは、ちょっと違うかな。

今回は、ここ数日、私の頭の中を駆け巡っていること、みたいな感じ。

このイベントのメインゲストは、ニック・ブイチチ(NICK VUJICIC)という(もう本当に素晴らしい)講演家の方です。彼には、両手と両足が生まれつきありません。

What do you want? And WHY?

彼の話はまたじっくりとしたいと思いますが、2日目の最後の登壇者として登場した彼が話の中で繰り返し言っていた言葉があります。それは、

Who are you?
What do you want?
And WHY?

最初の Who are you? というのはとても奥の深い質問なんですが、取り敢えずここでは置いておいて2つ目の質問、What do you want? は、文字通り「あなたの欲しいものは何?」。

「欲しいもの」というのは、ここでは “夢” という一言に置き換えてみましょう。

あなたが実現したい夢は何ですか? どんなものが欲しいですか? どんな人生を送りたいですか? どんな人になりたいですか? ま、こんな感じかな。

そして、問題は3つ目の質問である “WHY” です。あなたは “なぜ” 、その夢を実現したいのか?  “なぜ” 、それを手に入れたいのか?  “なぜ” 成功したいのか?

なぜ? なぜ? なぜ?

why

もしかしたら、シンプルにお金持ちになりたいからとか、だって気持ちがよさそうじゃんとか、あるいは人に認められたいからなんてのもあるかもしれません。

でも、その答えは、あなたの “なぜ” の本当に答えですか?

“そこまでして” 欲しくない

よく、お金持ちになりたいとか、成功者になりたいとか、出世したいとか、みんな言いますよね。でも、そのためには何が必要か?少なくとも、「欲しい!」って言ってるだけでは手に入りません。

どうしても必要なのは、圧倒的な “行動” とか、もの凄い “努力” とかでしょうか。

そしてみんな言うんです。

「少しくらいの行動とか、ちょっとした努力ならしてもいいけど、 “そこまでして” 欲しくない」って。

なぜなら、今もそんなに不幸じゃないし、自分の人生に不満が無い訳じゃないけど、まあそこそこ幸せだし、自分の何かを変えなければいけないのなら、「今のままでいいや」ってね。

うーん、なんて言えばいいのかな? ここに “WHY” の本当の答えは無いと思うんです。表面的な、上っ面の、あるいは見せかけの答えだから、“そこまでして” ってのに負けちゃうんです。

自分の心のどこかにある筈の本当の答え。

私たちは生かされている?

今回のイベントの登壇者の一人でもある池松耕次さんは、セミナーなどで参加者によくこんなことを言います。

「右手を広げて、その手のひらを左胸に当てて下さい。あなたの心臓は動いていますか?そう、動いていますよね。では、その心臓を5秒でいいから止めてみて下さい・・・もちろん出来ませんよね。

自分の意思で心臓を止めることは出来ないんです。でも、この会場にいる人に等しく、そして必ず訪れるって断言できる唯一のことは、いつかはこの心臓が動きを止める時が来るということ。

自分で止めることは出来ない。そして、自分で動かし続けることも出来ない。ってことは、この自分の命というのは、自分で生きているのではなく、 “生かされている” ってことじゃないのか。

生かされているのであれば、『何のために生かされているのか?』を考えてみようよ」

鼓動

何のために自分はこの世に生を受けてきたのか。自分の存在意義とは何なのか。一つの言葉で言ってしまうと、自分の “使命” は何なのか。

自分から始まり、外に向かう?

何も大げさなことを言っているんじゃないんです。地球上から戦争を無くすのが私の使命だとか、地球の温暖化を防ぐためにこの世に生きているんだ、なんてことじゃないんです。

自分が生まれる前よりも、少しでも自分の回りの世界を良くしてこの世を去りたい。「自分の回り」ってのが、例えば自分の家族といった小さな世界でもOK。

少なくとも、スタート地点は自分とか家族なわけです。それがチームとか仲間に広がり、そして会社であるとか、その先の社会であるとか、そんな感じで(広がる人は)広がっていけばいいんです。

でも、その範囲がどれほど小さな範囲だとしても、(自分からスタートして、でも自分だけで終わらず)自分の “外側” に良い影響を及ぼすってことが必要なんじゃないかな。

なんか、自分が金持ちになる、自分が成功する、自分が何かを手に入れる・・・・・これと、使命感といった言葉が持つイメージとは相容れませんよね。

すべて for ME ですから。

最初のニック・ブイチチの質問に戻りますね。

What do you want?
And WHY?

あなたの欲しいものはなんですか? そして、なぜそれが欲しいのですか?

“なぜ” に対する答えの中心に “自分” がいる限り、もしかしたらその答えは “そこまでして” ってのに負けちゃうんじゃないのかな。

いや、もちろん答えの中心に自分はいるんだけど、それが自分で終わらずに、そこから外に向かう必要があるってこと。言ってみれば、for YOU ってこと。

なんかねえ、こういうことを言ったり書いたりしていると、自分のことが偽善者のように感じてしまうんだけど、これは偽善ではなくて、結局は「自分に返ってくる」ってことを、次回続けたいと思います。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1332-b9e610a8

<< topページへこのページの先頭へ >>