想像以上に高精度の調整が可能な多回転半固定ボリューム

何度も書いている通り、このところAliExpressやeBayで電子パーツを買う機会が多いのですが、それは何を意味するかというと、一生使い切れないかもしれない大量のパーツを持つってことです。

大概は1個単位ではなく、最低でも10個セット、物によっては50個セット、100個セットなんてのも珍しくありません。そして、今回の2つの購入品も大量です。

一つ目はICソケット(8P)。100個セットで300円。

ICソケット8p

国内で買っても1個10円くらいなので、敢えてeBayで買う必要もないような気もしますが、でも例えば20個買ったとすると200円。それならあと100円出して100個の方が買った方がって気になる。

国内で買うと更に送料も取られるので、もしかしたら使い切ることが出来ないかもしれないけど、あれこれ悩む前にeBayに発注しちゃった方が気が楽。それに何しろ300円ですからね。

「多回転半固定ボリューム」って、かなり高精度の調整が可能なんだ

もう一つは、多回転半固定ボリュームという電子パーツ。要はボリューム(可変抵抗)なんだけど、最初に抵抗値をセットしたら、それ以降変えることを想定していないので “半固定” なんです。

こちらは20個セットと、まあ手頃な数です。

多回転半固定ボリューム

なぜ、この半固定ボリュームを買ってみようと思ったかというと、電子オルゴールの音量を調整してみたくて。

電子オルゴールを様々な容器に入れて、その音の響き具合とかをいろいろと試したりしてるんだけど、これが容器の大きさや形状によって結構変わってくるんです。

マイコンとスピーカーとの間に75Ω程度の抵抗を入れて音を出していますが、それが小さすぎたり、逆に大きく響きすぎたりするので、微調整をしたくて。

といって、普通のボリュームで音量調整するようなものでもないので、まさに “半固定” というのがピッタリ。まあ、気分的にはお試し程度なんですが。

手元に以前買った半固定ボリュームがありましたが、20kΩと大き過ぎ。これでは100Ω前後の微調整なんて望むべくもないので、改めて小さい抵抗値のものを買った次第。

下の左側2つは、その20kΩのものなんだけど、つまみ(?)の回転角は左端のものが180度、真ん中のやつは270度くらいかな。

半固定抵抗3種

これに対して、今回購入した右端のやつは、名称の頭に「多回転」とあります。多回転って、どれくらい? 2~3回転するのかなって思っていたら、なんと25回転もするんです。

今回買ったのは200Ωタイプ。これを25で割ると、1回転で8Ω増減するってことです。回転数に正比例するわけではないようだけど、それでも45度前後回して1Ωの増減。

こんなに微調整ができるとは思ってもいなかったので200Ωタイプを買ったんだけど、これなら2kΩ位のものを買っても良かったかもと、ちょっと失敗した気分。

ただ、こいつを使えばフルカラーLEDの発色調整がキッチリと出来るな、なんて思っていたら、そっちで必要な抵抗値って300Ω前後でした。

やっぱり、もっと大きな抵抗値のものを買うべきだったかな。

因みに、1個15円程度で購入。国内で買うと80円くらいするので、割安感はかなりあるかな。


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1385-c58b8ff8

<< topページへこのページの先頭へ >>