防水仕様で耳から外れ難いスポーツヘッドホンを探し求めて

前回、愛用中の RS Earphone が再び壊れかかっていてって話から始めて、防水規格に触れ、最後に防水に関しては「見落としがちな大きな要素」があってという話で終わりました。

防水規格の続きの前に、壊れかかっている RS Earphone の話をしておきましょう。断続的に聞こえたり、聞こえなくなったりしていたイヤホンの片側が完全に聞こえなくなりました。

取り敢えずマイクロソリューションに対して、再度の故障対応に関しての問い合わせメールを出したところですが、その前に新しいイヤホンを買うことにしました。

現時点でランニングしながら気持ちよく使える他のイヤホンを持っていないので、予備の意味も含めて買ってみることに。

Amazonでイヤホンを検索してみると、イヤホンにもその時の流行ってのがあるらしく、以前はそれほど多くはなかったブルートゥースの無線タイプが随分と多くなったなって感じます。

カナル型のイヤホンは、耳栓のように耳穴の奥に押し込んで使うのが正しい作法

イヤホンを形状(構造)で見ると、「インナーイヤー型(インイヤー型)」と「カナル型」の2つに大別されると思います。

インナーイヤータイプは、耳穴に浅く引っ掛けるように装着するタイプで、最もオーソドックスなイヤホン。携帯型音楽プレーヤーなどに付属してくるイヤホンは、ほぼこのタイプでしょう。

もう一方のカナル型は、耳栓に良く似たイヤパッドを耳の穴に差し込むようにして使用します。両者の装着位置の違いを図に示すと以下のようになります。

外耳

上図に外耳道というのがありますが、これを英語で言うと(ear) kanalとなります。すなわち、カナル型は耳穴の奥に耳栓のように押し込むのが正しい使用方法。いわゆる「耳栓型」のイヤホンです。

その人の耳の形状によっても違うのでしょうが、(少なくとも私の場合)インナーイヤータイプはどうしても外れてきてしまうので、通常なら選択肢から外れます。

“通常なら” と書いたのは、冒頭で触れた RS Earphone はインナーイヤータイプなんだけど、耳掛け式なので耳から外れることなく使うことが出来ています。

ただ、 RS Earphone をインナーイヤータイプに分類するのもちょっと違うような気がします。オープンエアタイプと言えばいいのかな、極端に言えばイヤーパッドと耳の間に空間があるんです。

ま、それは置いておいて、個人的な好みでいうとカナル形ですね。「耳栓型」と言われるように、周囲の騒音をシャットダウンしてくれるので音楽やストーリーに没頭できます。

特に交通量の多い道路脇の歩道を歩いていたり、満員電車に揺られている時などは本当に便利だけど、一方で後ろから近づいてくる車に気がつかなかったりと、注意すべき点もありますが。

なんでこんなことを書いているかというと、今回買ったイヤホンがカナル型なんだけど、その構造に関して「うん?」って疑問に感じた点があったので。

最大の特徴は、「Rabbit Support」というウィングで支える仕組み

で、買ったのはコレ。マクセルのHP-S20というスポーツヘッドホン。

マクセルイヤホンパッケージ

前回触れた、ランニングしながら使うイヤホンに求められる必須条件の一つである防水仕様に関しては、水洗いも可能なIPX7等級ということでクリアしています。

よく、商品説明の中に「汗や雨にも強い構造」といった表現を目にすることがありますが、それが何を根拠に言っているのか分からないことが多く、どうも信用できないような気がして。

その点、本商品は「IPX7等級」と明記されているのでとっても安心。IPX7等級とは、防水規格の等級で上から2番目の等級ですから、これは信頼できるでしょ!

もう一つの条件である耳から外れ難いという点に関しても、レビューを見る限り、かなり期待できそうです。それを実現しているのが「Rabbit Support」というものらしい。

Rabbitというのはウサギですよね。イヤホン本体の上部にウサギの耳のようなウィングがついていて、それによって耳の内側でヘッドホンを固定する仕組みになっています。

マクセルイヤホン本体

上でも書きましたが、Amazonのイヤホン関連の売れ筋商品を見ていると、「イヤホンにも流行がある」ってことが見えてくるけど、現時点のもう一つの流行がこの “ウィング” のようです。

ウィングの形状は各社異なるけど、仕組みと言うか意図するところは皆同じ。イヤホンを耳に装着した時、そのウィングが耳たぶ内側の窪みにはまることで、イヤホンの脱落を防ぐというもの。

耳掛け式と違って、耳の内側で完結するので、メガネ等とも干渉しないのもメリットの一つ。

形状的には “ちょっとした工夫” に過ぎないのに、その効果は大きいようで、どの商品のレビューを読んでも「外れ難い」というのが大まかな一致した意見のようです。

で、実物を手に取るまでは、このウィングがガッツリと耳たぶにはまるんだろうなって想像していました。このウィングにはある程度の硬さ(って表現でいいのか微妙だけど)があるんだろうなと。

ところが実際に手にしてみると、柔らかいというがグニャグニャ。この柔らかさでは外れようとする力に簡単に負けてしまって、何の意味も無いんじゃないの、ってのが最初の印象。

イヤホンウィング

では、実際に使ってみた感想はどうなのか、そしてカナル型と謳ってるんだけど、先に述べたカナル型の装着方法と照らし合わせてみた時に疑問が・・・・・ということで次回に続きます。



コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1399-66963812

<< topページへこのページの先頭へ >>