オグ・マンディーノ著 『世界最強の商人』 -- 習慣の奴隷になる

相変わらず本はたくさん読んでいるんですが、最近は新しい本を買う機会が極端に減っていて、時間があると自宅の本棚を眺めて、そのとき目に付いた本を読んでみるみたいなのが多いかな。

今日もそんな中からオグ・マンディーノの著作を紹介しましょう。『世界最強の商人』です。

the greatest salesman「この世で最も多くの読者を持つ自己啓発書作家」と言われているオグ・マンディーノは、生涯で19冊の本を世に送り出しています。

極貧&アルコール依存の生活を送っていた著者は、ナポレオン・ヒルなどの成功哲学の古典を読み、その後セールスマン、雑誌編集者などを経て1968年に初の著書となる本書を発表しています。

私も何冊か読んでいるのですが、このブログでは一冊も紹介していなかったようです。

ところで、日本では初出版から30年近く後の1996年に翻訳されて出版されていますが、その価格はなんと1万円オーバー。

さすがに1万円では買えないので、もう何年も前の話ですがペーパーバックで買いました。当時の価格で確か800円くらいだったと記憶しています。わずか110ページの薄い本です。

日本語翻訳では少し前に文庫版もKindle版も出版されたようです。なので今では500円前後で買えますが、1万円の単行本も相変わらず売られていますね。

習慣の奴隷となる

題名に商人(原題ではSalesman)という言葉が入っているのでビジネス本?って思う人がいるかもしれませんが、本書は成功哲学とか自己啓発本に含まれるものでしょう。

少年ハフィッドは師から突然、成功のための秘訣が書かれた10巻の巻物を譲られ・・・という感じの小説仕立てで、成功哲学が書かれた10の巻物を読んでいくことになります。

10巻の巻物の中身は、「成功のための基本原則」。普遍的な原理原則ってことです。ということは、他のこれ系の本に書かれていることと基本的には大差無いってことでもあるかな。

個人的に最も重要な教えは、第1巻のこれ。

I will form good habits and become their slave.

私は良い習慣をつくり、自ら、その奴隷となる。

「習慣」の話は、このブログで何度も取り上げていますが、どういう論を展開しようと、成功する(幸せな人生を送る)上で全ての土台となるのは「習慣」である、ってことに戻って来る筈です。

人の行動の約8割は習慣によるものである、という話を読んだことがあります。少なくとも、日々の行動のかなりの部分が「習慣」によるものというのは間違いのないところ。

習慣とは何なのかを改めて述べる必要は無いと思いますが、敢えて言えば、「努力しなくても無意識の内に行っていること」といった表現になるでしょうか。

「努力しなくても無意識の内に」ですからね。これは強力でしょう。

そして、私たちの行動を仕切っている習慣には、 “良い習慣” と “悪い習慣” とが入り混じっている筈。そして、どちらの習慣であろうとも、それはやっぱり強力なんです。

だから、あなたが知らず知らずのうちに「悪い習慣」を身に付けているとすれば、あなたは死ぬまで知らずにその悪い習慣を行い続けることになります。

悪い習慣

逆に、「良い習慣」が身についていれば、努力しなくても無意識のうちに良い習慣を行い続けることになります。

「人間の成功は、知識の多さや努力の積み重ねによるものではない。
人間を成功に導くのは習慣である」

なぜなら、人は習慣の奴隷であり、誰もこの命令者には抵抗できないから。だから、良い習慣を作って、その奴隷となることが、成功への早道であるということです。

良き習慣も、そのスタート地点は「思い」です

私が人生の指針の一つとしているスティーブン・コヴィー博士著『7つの習慣』も、題名通り「習慣」をテーマとしています。そして、その本の中にこんなことが書かれています。

「人格は繰り返す行動の総計である。ゆえに優秀さは単発的な行動にあらず、習慣である」

また、「ある習慣を変えるものは、新しい他の習慣だけである」なんて記述もあります。新しい「良い習慣」で、「悪い習慣」を駆逐していくしかないってことのようです。

私が良く引用させて頂く言葉の一つに、こんなのがあります。

思いの種を蒔き、行動を刈り穫り
行動の種を蒔き、習慣を刈り穫り
習慣の種を蒔いて、成功を刈り穫る

成功したい、良い人生を送りたいと思うなら、(良い)習慣の奴隷になる必要があるというのが第1の巻物の中身。そして、習慣を作るには “行動” を繰り返す必要があります。

本書は、ひとつの巻物を30日間読み続けること、そして1日3回読むことと定められています(これを守って本書を読了しようとすると10ヶ月必要ってこと)。

「1日3回読むこと」を「30日間続ける」ことで、先ずは最初の良い習慣をつくりましょうってこと。

この本を買った人で、どれくらいの人がこれを実行しているか分かりませんが(私は、やってません)、これって本当に大事なこと。この本に限らず、成功哲学系の本では特にね。

よく、これだけ多くの成功哲学書が売られているのに、本当に成功している人にめったにお目にかかれないって意見を耳にしますが、原因の多くはここにあるんじゃないかな。

「こうすれば成功するよ!」って言われて、なるほど簡単なことだし、これからやっていこうって思って、そして始めるかもしれないけど、それが習慣になる前に止めてしまう。

何はともあれ、良き習慣を作り、そしてその奴隷になりましょう。



コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1412-675c6123

<< topページへこのページの先頭へ >>