南箱根の夏休み(2015 - 1日目) -- 庭回りの草刈りや清掃

猛暑日の連続に負けて、久しぶりに南箱根で避暑。

子供たちが小さい頃は年に何回も来ていたのに、最近は年に1~2回がいいとこ。前回来たのは昨年の夏なので、ちょうど1年ぶりになります。

以前、目の前の家の人たちが、来ると2~3日でそそくさと掃除をして帰ってしまうのを見て、あの家は掃除をするために来てるみたいだよねって笑ってたのに、同じような状況に陥ってるかも。

ということで、庭の掃除とか、内部の補修とか、他の人には何の役にも立たない記事になると思いますが、自分の努力の証を残しておきたくて(誉めてあげたくて)奮闘結果を記録しておきます。

先ずは庭。

到着時はこんな感じ。シッカリと成長して、庭を茫々にしてくれてます。

IMG_4030.jpg

取り敢えず背の高い草を引き抜いて少しは庭らしくなったかな。

庭途中経過

庭は一旦終了。続いて下へと続く脇の階段。

到着後(大抵は夜)に最初にやるのは、この階段下にある水回りの元栓を開けたり閉めたりするので、暗闇の中で草の茂っている中に手を突っ込むのが恐くて恐くて。

脇の階段(前)1

なので、毎回きれいに草を抜いているのですが、1年も経つとご覧の通り。くもの巣を避けながら、ゲジゲジがいるんじゃないかとか、蛇に出会ったらどうしようかとか、もう本当に戦々恐々。

脇の階段(前)2

雑草を引き抜いて、枯れ草等を掃除した後の状態。すっきりと明るくなりました。

脇の階段(後)1

いつもこの状態が維持できていればいいんですけどねー。

脇の階段(後)2


ついでにこのまま裏側へと回って、そちらも繁茂していた雑草を除去していきます。

階段下裏側1

この裏庭は更に下へと続いているのですが、そっちはもう恐くて手も足も出せません。間違いなく蛇とかが生息しているはずなので、やるとすれば完全防備が必要。

階段下裏側2

最後に庭に戻って、取り囲んでいる生垣を刈り揃えていきます。

生垣(前)1

元の状態は、まあこんな感じ。生垣の形はしていますが、かなり雑然とした感じかな。なんか完全に仲間外れの雑草とかも繁茂しているし。

生垣(前)2

こちらは電動工具(ヘッジトリマー)で刈り込めるので、作業自体はサクサクと進みますが、工具自体にそれなりの重量があるので、やっている内に腕に力が入らなくなっていきます。

生垣(後)1

特に上面の剪定は、イスの上に乗って結構無理な体勢で作業をすることになるので、腕は疲れてくるし、不安定な状態と相まって休み休み進めないとかなり危険。

生垣(後)2

更に、標高が高いとはいえ、さすがに真夏の太陽を浴びながらの作業は体力も筋力も精神力も大きく消耗していきます。

生垣(後)3

ただ、作業終了後のスッキリ感は、なかなかのもの。疲れはするけど、努力の成果が明確に目に見える形になる作業は嫌いじゃないな。

明日は間違いなく筋肉痛になっていると思うけど、こういう汗を流すのは心のリフレッシュにもなるしね。


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1428-49f21ce0

<< topページへこのページの先頭へ >>