GIOS NATURE のオーバーホール(5)クイックレリーズレバー

前回の記事で前後のハブを分解整備しましたが、今回はハブの軸の中を通って、車輪をフレームに固定するクイックレリーズレバーを磨きます。

このパーツですね。

クイックレリーズレバー磨き前

今回の主役はピカール

ピカールここでも紹介しましたが、今回はアルミレバーの腐食を、このピカール液とラビングコンパウンドで磨きあげていきます。

手順的には粒子の粗いラビングコンパウンドで粗磨きをし、その後をピカール液で鏡面に仕上げていきます。




レバー部分をアップで見ると、その腐食具合がより鮮明にわかります。

アルミレバーの腐食のブツブツは仕方ないとしても、レバー自体の色がそもそも濁っていたのか、それとも輝いていたのにこんな風になってしまったのか、記憶にも無く予測も出来ない状態です。

レバー磨き前

精魂込めて磨きました

途中の過程は飛ばしますが、磨きあげました。光り輝いています。

こういう小物パーツの磨きって、結構楽しいんですよね。磨いている過程でどんどん綺麗になっていくのが分かるから。

レバー磨き後

磨き終わって、綺麗な布地で磨き材の残りを拭き取った後の輝きを見ると、それまでの苦労が報われたように感じます。

そして、磨き上げ後のクイックレリーズレバーです。磨き前の状態からは想像もできないくらい綺麗になりました。

クイックリリースレバー磨き後
やっぱり、元々は光り輝いていたんですね。

更に続きます。

関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/143-c363d28e

<< topページへこのページの先頭へ >>