PCから取り外した裸のHDドライブをUSB機器として接続

この前、ノートPCクーラーを作ろうと思って、壊れかけのPCからファンを拝借すべくフタを開けたら、ファンは勿論だけどHDDの存在にも気が付いた。

過去の記憶を辿ってみると、このPCを捨てるにあたり、中のHDDだけでも救う積りで買ったものがあった筈。名前を忘れちゃったけど。

ってことで、家中アチコチ引っ掻き回してみたら出てきました。

HD-USB変換パッケージ

パッケージを見てもやっぱり商品の名称が分からない。「IDE&SATA-USB変換ケーブル」とかでいいのかな。要は、裸のHDDをUSBでPCに接続出来るようにしてくれる製品。

IDE接続の活躍場面は限られると思うけど

HDDは、SATAもIDEでもOKだし、また2.5インチでも3.5インチでもOKという優れもの(因みに、SATAとIDEの違いは、ごく大雑把に言っちゃうとIDEは旧規格で、SATAは新規格ってこと)。

IDE接続のHDDはピンの数が多いのが特徴。なので、本製品の両サイド(片側は3.5インチ用、もう一方は2.5インチ用)のコネクタでHDDと接続し、そしてUSB接続へと変換されます。

IDE接続

ただ、先に触れたとおりIDE接続は古い規格なので、今後出会う機会はどんどん少なくなっていくんじゃないかな。今回のPCから外したHDDもSATA接続のものでした。

SATA接続で2.5インチ用だと、もっとお手軽な方法があるけどね

SATA接続のHDDの接続方法は3.5インチも2.5インチも同じで、下図の通り。

SATA接続

実際にHDDと本製品を接続すると、こんな感じ。

SATAでHDDに

まあ、SATAもIDEでも、2.5インチでも3.5インチでもOKという柔軟性が素晴らしいけど、コード類が邪魔なんで「机の周りに常設で置いて」って使い方には向かないかな。

因みに、2.5インチでSATA接続のHDD対応のケースは、こんなにシンプル。

2.5インチ用

ほとんど裸の2.5インチHDDプラスα程度の大きさで邪魔にならないし、持ち運びにも便利。価格も700円ちょいと安いので、2.5インチ用だったらこれ一択でしょうね。

ただ、これが3.5インチ用となると急に高くなる。ファンが必要だったり、電源も必要なので仕方のないところではあるけど。

なので、スッキリしなくてもいいなら、今回紹介したこのサンワサプライの「USB-CVIDE2」が一番お手頃かもしれない。因みに、「CVIDE3」、「CVIDE4」、「CVIDE5」と進化しています。

ところで肝心の、壊れかけPC内部のHDDですが、USB接続であっさりと認識してくれました。

折角稼動してくれたので、持ち運び可能な外付けHDDとして使う場面があるかなって思ってたけど、先に書いた通りコード類が邪魔なのと、160GBと小さなHDDなので、活躍場面が微妙かも。


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1473-f2ad097c

<< topページへこのページの先頭へ >>