12V仕様のファンモータを色んなACアダプタで動かしてみると

故障していたデスクトップPCからファンを取り外し、それを使ってノートPCクーラーを自作したんだけど、このファンの駆動電源が12V 2.65Aで、さてどうしようかという話の続き。

シロッコファン12V

以前、使わなくなってしまったACアダプタが大量にあって、邪魔なので捨ててしまったんだけど、こういうときに困るんだよね。

電流容量は少し足りない12VのACアダプタで試してみると

引き出しの中を探し回ってやっと12VのACアダプタを発見。(奥のノートPCのACアダプタと比べても分かるように)それなりに大型のACアダプタなのでピッタリと思ったら、電流は2A仕様。

ACアダプタ12V

まあ、なんとかなるかとファンに接続してみると回り出した。しばらく稼動させてみたけど、ACアダプタが発熱するようなこともなく、電源としては特に問題無さそうな気がする。

ただ、ファンの勢いが凄くて、とてもうるさい(本当にうるさい)。これでは使い物にならないなー、何とかしないとなってのが前回のお話。

12V 3.7A のWii用ACアダプタを電圧可変に改造しようかと

ここまでの回転数は不要だなってのと、電流仕様も微妙に不安なので、もう少し大型のACアダプタを買ってきて、出力電圧をボリュームで調整できるように改造しようかと。

で、ハードオフに出かけていって見つけたのが任天堂 Wii用のACアダプタ。どうみても新品にしか見えないくらいキレイだけど僅か108円。

ACアダプタWii

これもノートPCのACアダプタと並べて比較してみると、WiiのACアダプタの方が大きい。出力仕様は、12V 3.7Aと流石に余裕の作り。

さて、改造にトライしてみようかと(かなり苦労して)中身を出してみたんだけど、これは(貧弱な知識しかない)私の手には負えない、かも。

ACアダプタWii中表

出力電圧を変えるには、(大雑把に言えば)回路上の抵抗値の比率を変えればいいらしいのだけど、裏から見てみると(「R」が抵抗だとすれば)46個もの抵抗が。

ACアダプタWii中裏

5V 3.2A のACアダプタで12V仕様のモータは回るのか?

気分は諦めムード。仕方ない、DC-DCコンバータを買って、それで電圧調整をしようかな。

なんてことを考えていたんだけど、それって何Vが必要なのかな、と。12Vでは高すぎるのは分かったけど、じゃあ9Vなのか、あるいは6Vくらいでもいいのか。

それなら電圧の低いACアダプタで試してみよう。

ACアダプタ5V

スイッチング制御ではなく昔ながらの大きく思いやつ。DC出力仕様は、5V 3.2Aと、電圧的には全然足りてないけど、電流的にはイイ感じ。

ただ、12V駆動のモーターを5Vで動かすことが出来るのか?

結果は・・・・・動きました。動き出しは本当にゆっくりとだったけど、動いてしまえば何ら問題無し。もちろん、(12Vに比べれば)ゆっくりと、そしてひっそりとだけど、着実に回転している。

何よりいいのは、静かなこと。回しているのを忘れてしまうくらい静か~に回転している。当然、ファンから吐き出される風量もそよ風みたいな感じ。

うーむ、静かなのはありがたいけど、これで本当にノートPCクーラーとしての機能は果たせているのか? 検証結果は、また後日。


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1475-7bc44c70

<< topページへこのページの先頭へ >>