アコギの弦を交換する - 私程度だと音の違いも分からないけどね

ふとしたきっかけで、久しぶりにギターを引っ張り出してきてスマホアプリでチューニングをしていたら、弦は錆びて変色してるし、フレットにも輝きが無く、見るからに汚れている。

考えてみると前回弦を交換したのはいつのことか記憶に無いし、指板もフレットも、購入以来(多分)一度も掃除したことがないんじゃないかな(ま、使用頻度も少なかったけどね)。

ということで、弦の交換ついでに指板を掃除して、フレットも磨いてみようかな。

先ずは弦を外すところから。弦の交換方法は様々なサイトで説明されている(私も参考にさせて頂きました)ので、私なりのポイントだけ記載しておきましょう(後日、自分で忘れた際の参考に)。

古い弦を緩めて外す

先ずは、ペグを回して弦を弛めます。

IMG_5318.jpg

この後、「ニッパーで弦を切って」といった説明も見かけましたが、特に切る必要はないんじゃないかな。この状態のまま、ブリッジピンを引き抜いて弦を外してあげればOK。

ピンを引き抜くのも、専用のピン抜きを使うとか、ラジオペンチで掴んでとか、色々と方法はあるようですが、内側から押し出してあげるのが一番簡単で、ギターにも優しいと思う。

弛んだ弦の間からサウンドホールに手を差し込むとピンの先に触れることができるので、それを外に向けて押し出すだけ。固いようであれば布か何かを当てて押せば大丈夫。

IMG_5319.jpg

意外と簡単に抜けてきますよ。

IMG_5325.jpg

外した弦は、丸めてごみ箱へ。

IMG_5330.jpg

弦の先は尖っているので要注意。私は、丸めている最中に一番細い1弦がズボンの布地を突き抜けていたくらいなので、よくよく注意しないと本当に危険。

IMG_5328.jpg

さて、この後、実際にはフレット磨きと指板の掃除が入るんだけど、それは後述するとして、一気に弦を張る手順に飛びましょう。

新しい弦を張る

新品の弦を袋から出したら、先ずは根元近くで曲げておくといいらしい。ボールを結んであるヨリの辺りで曲げればいいのかな。

IMG_5352.jpg

ブリッジの穴に曲げた弦を差し込み、ブリッジピンを押し込んでから弦を引っ張ってみて、ピンによって固定されていることを確認したら、弦の先端をペグの穴へと通す。

で、弦をピンと張った状態で、一つ先のペグ位置(写真で言えば、6弦なら5弦用のペグ位置)で弦をつまみ(写真では分かりやすいように赤マジックでマークしてます)、その位置まで弦を戻す。

IMG_5353.jpg

1ペグ分(?)たるんだ状態で、弦を90度曲げる(低音弦は高音弦側に、高音弦は低音弦側へと)。

IMG_5354.jpg

この状態で、弦がペグの回転軸から浮かないように、弦を引っ張りながらペグを回転させて弦を巻いていきますが、この時、巻き重ねが下方向へと行くように注意すること。

IMG_5356.jpg

後は巻き余りの弦をニッパー等でカットし、各弦のチューニングをして弦の張替え作業完了です。

次回の「お掃除編」へと続きます。


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1476-b49825ae

<< topページへこのページの先頭へ >>