クーポン券とか図書カードとか、有意義に使うのが難しい時代?

私の手元に「よこはまウォーキングポイント」の歩数計が送られてきたのは去年の12月半ば。ってことは、もう10ヶ月以上歩数計を持って歩いたり走ったりしていることになります。

この「よこはまウォーキングポイント」、3カ月に1回、200ポイント以上の参加者を対象に3千円相当のクーポン券が当たる抽選が行われています。

既に3回の抽選チャンスがあったわけですが、これまで1度も当たったことがありません。

あまり期待はしていなかったので特に残念にも思っていませんが、ほぼ同じ時期に始めた飲み仲間の先輩は、最初の抽選で当たったとのことで、3000円の内の1000円分の商品券を頂きました。

これを頂いたのが確か梅雨の頃なので、半年くらい前ですかね。そして、このクーポン券には期限があり、その期限が切れるのが明日。

ウォーキングポイントクーポン券

実は、これまで何度も「クーポン券利用可能協賛加盟店」を「よこはまウォーキングポイント」のHPで見ているのですが、近所で使えそうなお店がどうしても見つからなかったんです。

例えば本屋とか酒屋とかなら有効に使えそうなんだけど、横浜市全体で(横浜市にしか協賛加盟店は無いので)それぞれ3~4店舗しかありません(どのお店も自宅から遠い)。

ざっと見て目に付く業種は不動産屋とか美容室、メガネ店、電気店、あるいはパソコン教室とか、(1000円という金額を考えると)どうもシックリこないお店が多いんです。

クーポン券を頂いて、直ぐにこの「クーポン券利用可能協賛加盟店」を見てガッカリして、待てば色々と増えてくることを期待してたんだけど、再びガッカリして。

で、明日には有効期限が切れてしまう今日になって、「何とかしないと」って焦って。別に無理して使わなくてもいいんだけど、先輩に「~に使わせて頂きました」って報告しないと失礼だしね。

出向いたのは電車で20分ほどのところにあるスポーツオーソリティ。ここに行けば1000円~2000円程度で何かしら有意義なものが買えるんじゃないかと。

ところが店内を1時間ほどアレコレ迷いながら何度も回ってみたけど、どうしても欲しいものが無い。

「欲しいものが無い」ってのは違うな。 “手頃な” 欲しいものが無い。5000円とか1万円とかの商品ならいくらでもありますが、それを1000円引きで買うメリットが見い出せない、ってこと。

値段的に手頃なので言うと、「縄跳び」とか「フィットネスチューブ」といったエクササイズ系の商品。これを買うかって考えてもみたんだけど、でもエクササイズなんて直ぐに止めちゃうだろうな、と。

結局、最後の最後に買ったのはフリースの手袋。人差し指と親指がスマホ対応になってるやつ。

手袋

例えば、単にフリースの手袋を買おうとすれば(その品質は別として)100均でも買えます。

例えば、5000円のランニングパンツを買おうとするとき、実店舗で買うよりネットショップで買った方が、1000円以上安く買える可能性は結構高いと思う。

そんなことを考えてみると、(100均以外の)実店舗でモノを買うことが本当に少なくなったなって感じます。もちろん食料品とかは別ですが、最近ネットショップ以外でほとんど買い物をしていない。

例えば、本。このところギターの教則本が欲しくて、これがDVD付きなので3000円くらいするんです。で、手元に5000円分の図書カードがあるので、これを使ういいチャンスだと。

図書カード

ところが、本屋に行ってお目当ての本を探しても売っていません。大型の本屋を何店舗か回りましたが、見つけられませんでした。

見つけたのは楽器屋さんで。でも、残念なことに楽器屋さんでは図書カードが使えません。もちろんAmazonにはあるんですが、ここでも図書カードは使えません。

こうやって考えてみると、この手の商品券ってのは “あり方” を変えていかないと、今の時代に全然馴染まなくなってしまいそうな気がするな。


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1502-acd525ab

<< topページへこのページの先頭へ >>