途中、バスの故障もあったけど、富山駅に7時間40分で到着

前回は、富山で開催される大学時代の同窓会に出席するための旅の準備編でしたが、今回から数日に渡って旅の模様を、撮影してきた写真と共に振り返ろうかと。

久しぶりの早起きに緊張して眠れぬ夜を過ごし

朝、6時50分新宿発の高速バスに乗るため、自宅を5時に出て、目を覚ますのも兼ねて4kmほど離れた駅まで歩いて向かいます。

151120新宿-富山-01

電車を乗り継ぎ、かなり余裕を持って新宿駅西口のバスターミナルに到着。なんとなくバスに乗車する人がズラッと並んでるのかなって思ってたら、人影無く、ここで間違ってないのかと心配に。

151120新宿-富山-02
バス停は間違ってなかったけど、ここから乗ったのは私含め僅か4名。おやー、この先で乗ってくるのかな、と。

シートは、こんな感じで座り心地も悪くありません。

151120新宿-富山-05

背もたれに描かれていたシートの取扱い説明。リクライニングするのは当然として、レグレストとフットレストがあって、これが中々快適でした。リクライニングの傾斜角度も深かったし。

151120新宿-富山-04

小諸手前でバスに異変が

関東三大酉の市のひとつである花園神社前を通過。今年は「三の酉」まであるんですね。「三の酉」まである年は火事が多い」って俗説があるけど、三の酉は、およそ一年おきにあるので、実は珍しくはないんですよね。

151120新宿-富山-03

富山、金沢方面へと向かう高速バスは上信越自動車道を通り、上越市で北陸自動車道に入りますが、停車予定の無かった長野県の小諸ICに一時停車。

151120新宿-富山-07

実はバスが故障したらしいんです。少し前からバスの中で警告音が鳴っていて、途中で止めて点検していましたが、警告音が止まず、ついにはバス社内に煙が出てきて。

どうやら何かの冷却水が漏れているようで、水を補充しても状況は改善せず、この小諸ICで後続の金沢行きの高速バスを待って、そちらに乗り換えることに。

ということで、トイレに行ったりしながら乗り換えバスを待ちます。

151120新宿-富山-06

金沢行きのバスがやってきました。実は、28人乗り(かな?)のバスに乗客は10名程度で、ガラガラの状態でした。にしても、既に乗客が乗ってる金沢行きのバスに乗れるの?って危惧してたら。

151120新宿-富山-09
ざっと見た感じ、3名くらいしか人影が見えませんでした。いくら平日の昼便とはいえ、行楽シーズンだし、連休前日だし、それでもこの程度の乗客って、これで成り立つのかなって要らぬ心配を。

ということで、相変わらず座席数が半分も埋まらないゆったりした状態のまま長野県を走ります。

151120新宿-富山-08

黒部ICで降りた人は、黒部峡谷が目的なのかな?

途中のトラブルで、予定より40分遅れで2時前に最初の下車駅である黒部ICに到着し、2名下車。途中、雨が降っている区間もありましたが、この辺りは降っていません。雲は厚いけど。

151120新宿-富山-10

黒部ICから終着駅の富山駅までは約45分の旅。ただ、金沢行きのこのバスは、このまま北陸自動車道を走り続けるので、富山駅へと向かう我々は、途中の休憩所で再び乗換えが必要とのこと。

車窓の風景を眺めていると、鉄塔の先が二股に分かれている送電塔がたくさんあります。少なくとも私は見た記憶が無いので、この地方特有の送電塔なんでしょうか。

151120新宿-富山-11

富山駅に到着。本来は13時50分着の予定が14時半着なので、40分遅れですね。

151120新宿-富山-12

空は快晴だし、日が暮れるまで富山の町を散策。その模様は次回に。


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1523-7f921e3f

<< topページへこのページの先頭へ >>