紅葉と温泉と美味しいお酒があれば、他には何もいらない?

午前中の高岡町巡りが終わり、午後は待ち合わせ場所の富山駅へと、再びあいの風とやま鉄道で向かいます。

昨日の夕方の電車は満員だったけど、今日はガラガラ。土曜日のお昼少し前の高岡から富山方面へと向かう電車。みんな富山に電車で遊びに出るって感じではないのかな。

151121富山新湊-01

お昼少し前の待ち合わせだったので、集合後、早速昼食を食べようということになり、新湊きっときと市場へとやってきました。

151121富山新湊-02

「きときと」とは富山の方言で、「新鮮な、活き活きした」といったような意味合いらしい。この市場は観光名所の一つらしく、新鮮な魚介類を求めて多くの観光客で賑わっていました。

151121富山新湊-03

前日の夜から頭を離れない海鮮丼にやっと出会うことができました。メニューの写真と比べると、「うんっ?」って気がしなくもないけど、美味しそうではある。

151121富山新湊-04

昼食も終わり、海王丸パークへと移動。天気はいまひとつだけど、季節的には絶好の行楽シーズンの筈。それなのに観光客の姿がほとんど無い。これで大丈夫なのか?

151121富山新湊-05

海王丸をバックに同窓会メンバー4人で写真撮影。研究室の同窓生は4名だったけど、残念ながら昨年の暮れに1名欠けてしまいました。少しずつ、そんな年齢に近づいていくんですね。

151121富山新湊-06

次はどこに行こうかって話をしていたら、先生の要望で午前中歩き回った高岡大仏と高岡古城公園に行くことに。ま、いいんですけど。

151121富山新湊-07

高岡古城公園はとにかく広いので、午前中とは違う場所で紅葉狩り。

151121富山新湊-08

お濠にかかる紅葉が美しい。

151121富山新湊-10

気になるのは先生の体調。お年を召したと言えばその通りだけど、75歳という年齢を考えれば、まだまだこれからの筈。何とか健康を取り戻して欲しい。

151121富山新湊-09

何度も書くけど、この公園ってとにかく広くて、色んな施設が点在してるんだけど、どうしても目に入ってくるのは美しい紅葉ばかり。

151121富山新湊-11

ってことで、これでもかとばかりに紅葉の写真の羅列になってしまいました。

151121富山新湊-12

にしても美しいなあ。紅葉がこんなにも(文字通り)紅くなるんだとは、今回の旅で出会うまでよく分かっていなかったような気がする。

151121富山新湊-13

少し早めだけど、先生の体調も心配しながらホテル到着。わたし的には今回の旅の5泊の内、唯一の食事付き、温泉付きの豪華ホテル宿泊。雨晴温泉の磯はなびに宿泊。

151121富山新湊-14
どうでもいいことだけど、わたし達は一期生でした。

温泉で体を癒してから、夕食スタート。富山県を代表する地酒、「清酒 銀嶺立山」が美味しかった。

151121富山新湊-15

部屋に帰って、途中で買ってきたつまみで飲み直し。明日はどこに行くのかな?

そんなこんなで夜が更けていきます。


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1526-f3f5cb97

<< topページへこのページの先頭へ >>