Kindle さえあれば、長時間の夜行バスも楽園に?

金沢の町を歩き回り、もてなしドームや鼓門があるのとは反対側、西口のバスロータリーから9時半発桜木町行きの夜行バスに乗って帰ります。

9時半に金沢を出発して、翌日の7時40分に横浜の桜木町に到着予定。こちらに来る時は、早朝発の昼便でしたが、帰りは夜行ということで、体力的にも精神的にもハードルがだいぶ高くなった?

更に、往路は座席が「3列独立シート」ってやつで、確実にゆったりと出来ることが分かってたけど、帰路はシートが3列と4列の両方があり、支払った料金を考えると4列の方になるんじゃないかと。

高速バスシート配列
実は、同じバスで料金に差があるとは知らずに、最安値の料金で予約したんだけど、金沢のバス停で先に待っていた女性に話しかけたら、彼女は5500円で、「あまりに安いのでビックリした」って。

因みに私は3500円でした。実際にバスに乗ってみたら、予想通り彼女は3列シートで、私は4列シートが指定されていました。それにしても、僅か3500円で金沢から横浜に行けるんですからね。

151125金沢から夜行バス-02

ところで、このバスに金沢から乗ったのは私含め3名。始発駅の小松から3名くらい乗っていたのかな。更に、途中の富山で数名乗ってきましたが、それでも10名前後と、ガラガラ状態。

ガラガラ状態だと、3列シートよりも4列シートの方が余程楽なような気がします。何しろ隣のシートも使って横になれるのですから。今回はたまたまでしたが、空いている時は4列シートに限る?

151125金沢から夜行バス-01

今回、旅の重要な相棒はKindleでした。そもそも、「新幹線よりも時間のかかる高速バスで、ゆったりと本でも読みながら」ってのが今回の旅の大きなコンセプトだったわけで。

夜行バスとかだとKindleは更に威力を増します。頭上灯を点けることなく、周囲の人に迷惑をかけることなく(今回はガラガラだったので問題外でしたが)一人読書に浸ることができるんです。

151125金沢から夜行バス-04

シートが大きくリクライニングしても、2席のシートでゆったりしていても、やっぱり長時間ぐっすり眠れるわけも無く、眠って、起きてKindleで読書して、また眠ってと繰り返しながら、東京駅に到着。

151125金沢から夜行バス-03

東京駅には6時半に到着し、再び終着駅の桜木町へと走り出します。桜木町駅には予定より少し早めの7時半に到着。曇っていて、どうかすると金沢より寒いかも。

151125金沢から夜行バス-06

ここからだと自宅まで7.5kmくらいかな。ま、ゆっくりめに歩いても9時前には家に帰りつくでしょう。

151125金沢から夜行バス-07

予定通り、余裕を持って9時前に岸根公園まで帰ってきました。みなとみらいの景色を見ても「帰ってきたな」って感じたけど、岸根公園を見て、再び「帰ってきたな」ってね。

151125金沢から夜行バス-08

ま、そんな感慨に耽るほどの長旅でもなかったのですが、なんか敢えてそんな感慨を抱くと、結構な長旅をしてきたような気がしてくるので。自分に言い聞かせるように、かな?

151125金沢から夜行バス-09

久しぶりの一人旅は、本当に楽しかったな。また機会があったら旅に出たいな。

ということで、ちょうど5日前の朝5時に家を出て、今、朝の9時に帰着して、この一連の記事も含めて「The end of 富山の旅」、でした。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1533-2e800274

<< topページへこのページの先頭へ >>