CR2032は分かったけど、LR44はボタン電池で、LR6は何?

ダイソーで見つけた「ダブルクリップ 缶ケース付」って商品を買ってきて、この缶ケースの中に電子オルゴールを組み込んでみようという工作ですが、取り敢えず完成しました

クリップ缶に入れて

上の状態から、オルゴール演奏用のATtiny85とコントロール用のATtiny13aの2つのマイコンを装着し、上から被せるフタにも現物合わせでスイッチやスピーカ、ボリュームに合わせて穴開け。

この後、基板上の部品配置を変えたVer.も作り、都合2個のブリキ缶ケース入りオルゴールを完成させたのですが、完成と同時に人にあげてしまい、写真も撮り忘れたのでお見せできません。

自分でもどんなのを作ったのか忘れてしまいそうなので、もう1個作ってみようかと。

ブリキ缶ケースはもう一つ残っていて、他のパーツも大体揃っているのですが、CR2032用の電池ホルダだけありません。次男に、学校帰りに秋月電子で買ってきてもらったのは2個だけでした。

ふむ、どうしようかと思っていたら、eBayから品物が届きました。CR2032用の電池ホルダ10個です。これ、届くのに3週間近くかかっていて、さすがに注文したのも忘れていたくらい。

CR2032用の電池ホルダ10個

10個送料込みで約120円。秋月電子で買ってきてもらったのは1個50円だったので、約1/4の価格。3週間気長に待つ気があれば、とっても安い買い物が出来ます(数量も多くなるけど)。

電池の持続時間を調べる積りが

ところで、マイコンの駆動用にボタン電池を使うのは初めてのこと。で、気になるのは、果たしてこの小さなボタン電池でどれくらいの持続時間があるのかってこと。

先ずは電池から調べてみよう。

電池の規格って知ってます? 電池の種類を表す記号には、日本工業規格(JIS)、国際電気標準会議(IEC) およびアメリカ規格協会(ANSI)の3つの種類があるそうで。

JISはIECに(多分)準拠しているので、表記としては同じになりますが、アメリカ規格はまったくの別物。例えば今回使おうとしているボタン電池は「CR2032」ですが、これはJIS規格(IECも同じ)。

最初の「C」は二酸化マンガンリチウム電池を表し、次の「R」は形状の表記で「ラウンド」(円盤、円筒)。続く数字は電池の寸法を表しています。

CR系ボタン電池の寸法は分かりやすくて、「2032」だと直径20mmで高さが3.2mmってこと。「CR1620」なら直径16mmで高さが2mmってことを表しています。

ボタン電池には他にも種類があって、例えば「LR44」なんてのも良く出会うんじゃないかな。表記の形式は同じで、最初の「L」はアルカリ電池、「R」は同じく「ラウンド」、続く数字は電池の寸法。

但し、「44」ってのは4.4mmとかって意味はなく、この電池固有に定められた数字に過ぎません。

なるほど、ボタン電池の「CR」は二酸化マンガンリチウム電池で、「LR」の方はアルカリ電池だったんですね。初めて知りました。

「LR44」はボタン電池で、「LR6」は単3乾電池?

ところで、アルカリ電池というと、普通の乾電池にもアルカリ乾電池ってありますよね。単3とか単4とか。これってどういう表記になるの?

単4電池

これ、JIS(IEC)規格で、単3電池は「LR6」、単4電池は「LR03」となっています。「L」はアルカリ電池、「R」は「ラウンド」、続く数字は電池固有の数字と、アルカリボタン電池(LR)と同じなんです。

単3電池は「AA」、単4電池は「AAA」って表記を見たことはありませんか(いまだに単3電池は「AAA」かって勘違いするけど)。これ、先に出てきたもう一つの電池規格、アメリカ規格なんです。

ってことで、上のダイソーで買った単4電池のパッケージを見てみると、右上に表記されてますね。「AAA」と「LR03」の2つの規格表記が。

これまた知らなかったな。ということは、日本の電池は、通称とJIS規格と、そしてアメリカ規格の3つの呼び方が入り混じってるってことですね。どうりで分かり難いわけだわ。

006Pって、中に6個の単6乾電池が入ってたの?

ついでにもう一つ加えておきましょう。たまに必要性に迫られる「006P型」の9Vの電池。四角い電池ですが、これもパッケージの右上を見てみると「6LR61」との表記が。

006P電池

四角い電池なのに、なぜ「R」が規格の中に入っているのか? 

頭の「6」は、6個の積層電池を表し、「L」はアルカリ電池、「R」は丸型。ということで、「61」が表してる単6乾電池が6本積層になっていて、だから電圧は9Vになる(1.5V×6)ってことだそうです。

因みに「6LR61」以外にも、「6LF22」って006P電池があります。この「F」はフラットの意味で、角型一体積層タイプってことだとか。更に、どちらも「L」が抜けたマンガン電池もあります。
(付け加えておくと、マンガン電池は形状と寸法だけで表記される→単3マンガン電池は、「R6」)

ま、色んなタイプが混じっていて分かり辛いので、総称として「006P」という呼称になったとか。

うーむ、電池の奥深さに感心してしまったので(?)、電池容量と持続時間に関しては、またの機会に譲りましょう。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1535-8487f349

<< topページへこのページの先頭へ >>