目が白濁してたら、やっぱり年寄りに見えるよね(クルマだけど)

うちのクルマはホンダのオデッセイ。初度登録が平成15年なので、もう丸12年も乗っていることになります。

車検を5回もやっています。それも基本的にはユーザー車検で、整備点検も自分でやってきたので、それだけに愛着があるんですよね。

家族と楽しい時間を共有できたのも、このクルマに負うところは少なくない筈。繰り返しになるけど、それだけに愛着があるんですよね。

オデッセイの歴史を調べてみると、今も乗っているモデルと現在生産中のモデルの間には、フルモデルチェンジが僅か2回しかないんです。

それだけ完成されたデザインだったのかなって思います。逆に言うと、(まあ欲目ってのもあると思うけど)町中を走っていても未だに古さをそれほど感じません。

ただ、いろんなところが痛んできているのも現実。

以前も触れたステアリングギアボックスのオイルシールの劣化は大きな問題だし、ディスクブレーキのブレーキパッドは随分磨耗してきてるし、パワーウィンドウはちょっと引っかかる感じがするし・・・

ワイパーのゴムとか、バッテリーとか、タイヤとか、劣化してきても自分で交換できるようなパーツなら何とでもなるんだけど、素人には手が出せない部分があるのも当然だし。

やっぱり、「10年10万Kmってのが、一つの目安なのかな」って納得せざるを得ないような状況になりつつあるわけでして。

ヘッドライトの黄ばみは、クルマの顔を年寄りに見せる?

そんな思いでクルマを眺めていたら、なんかヘッドライトが黄ばんでる。パッと見、その車が古いなって感じるのは、このヘッドライトの黄ばみや曇りが結構大きな要因の一つじゃないかな。

ここは私でも手が出せる範疇。さっそく磨いてやることに。さて、プラスチックを磨くとなると、伝家の宝刀(なんて言い方、今でも通じるのかな)ピカールの出番。

でも、クルマのヘッドライトをピカールとかで磨いちゃっていいのかな?何かコーティングとかしてあって、不味い事にならないだろうなって、ちょっと不安に。

で、ネットで検索してみたら、結構みなさんピカールで磨いてました。これで安心。

さて、磨く前の状態は、こんな感じ。

ヘッドライト左磨き前

不思議なのは、あるラインで曇っている部分と曇ってない部分とにクッキリと分かれていること。上部の少しですが、透明感を持っていて、その下の曇り具合とは大違い。

多分、クルマのボンネットの陰で太陽(紫外線?)が遮られ、その部分は影響を逃れたんでしょう。

もう本当に簡単に透明感が戻って来た

さて、これをピカールで磨いてみたところ、磨いてく過程をお伝えしようと思っていたのに、あっさりと透明感が戻ってきました。本当に、少しゴシゴシしただけなのに。

ヘッドライト左磨き後

どうでしょうか。磨き前と磨き後とでは、もう明らかに違うのが分かりますよね。こんなに簡単に綺麗になるのなら、もっと早くやってあげればよかった。

右側のヘッドライトも同じような結果なんだけど(当然)、せっかくなのでビフォー・アフターを。

こちらが磨き前。

ヘッドライト右磨き前

そして、磨いた後のピッカピカのヘッドライト。

ヘッドライト右磨き後

いやー、これくらいビフォー・アフターに違いが出ると気持ちがいいなあ。

最近、夜走っていてヘッドライトが何となく暗いなって思ってたんだけど、これで少しは改善されるかな。ちょっと楽しみ。

そうかー、やっぱりコーティングされてたんだね

その後、更に調べてみました。

樹脂製ヘッドライトの材質はポリカーボネイトという、粘りがあって衝撃に強いプラスチックです。例えば、バイク用ヘルメットのシールドなども、大概はこのポリカーボネイト製でしょう。

ただ、このポリカーボネイトという素材、粘りがある分だけ表面硬度が柔らかくて、すぐに擦り傷が付いてしまいます。なので、ハードコートで表面硬化処理されたものが使われている筈。

ハードコートで表面硬化処理されたものでも鉛筆硬度で2H程度らしい。アクリルと比較すると、こっちは標準品でも2H、ハードコート処理されたものなら6Hと傷に対しては強い(でも割れ易い)。

また、太陽光からの熱や紫外線によってこの表面処理コーティングが剥がれると、素地のポリカーボネイトが露出し、ポリカーボネイト本来のうすい色が表面に浮き出てきてしまうらしい。

ということは、磨いても、再び黄ばんでくるってこと。それも、今回の磨き作業で表面のコーティングを完全に剥がしてしまった訳ですから、黄ばみが出てくるのは結構早いみたい。2~3ヶ月?

で、これを少しでも緩和させる(黄ばみを遅らせる)ためのコーティング剤が販売されています。リンレイの「ヘッドライト&樹脂パーツコート」は、ガラス系ハードコート剤で耐久性は6ヶ月持続すると。

買ってこようかな。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1538-23b2143c

<< topページへこのページの先頭へ >>