昼と夜の狭間で、秋から冬への移ろいに身をゆだね

今日は、夕方からみなとみらいで忘年会。どうかすると、1年でこの時にしか会えないような友人も出席するので毎年楽しみにしています(他の出席者も楽しみにしていてくれてる筈、きっと)。

久しぶりのみなとみらいなので、早めに出て少し歩き回りたかったんだけど、何かと用事があったり、天気がいまひとつだったりで、結局午後も遅い時間になってしまった。

先週見てきた富山、金沢の紅葉には比べようもないけど、岸根公園の木々も「秋から冬になるよ」って雰囲気を醸し出してくれています。

151206みなとみらい-01

忘年会自体は桜木町でやるんだけど、日本大通りのイチョウを見たくて桜木町駅を通り越して、横浜市開港記念会館の前に来る頃には、内部の明かりを暖かく感じるような時間に。

151206みなとみらい-02

日本大通りに来ると、既にイルミネーションに灯りがともっていました。

151206みなとみらい-03

イイ感じで黄葉してます。向こうに見えるのは横浜スタジアムの照明灯。

151206みなとみらい-04

黄葉を楽しんでいるうちに、少しずつ日が暮れていき、そしてイルミネーションの輝きが増していき。

151206みなとみらい-05

横浜情報文化センターって呼んでしまうと何となく味気ないけど、旧・横浜商工奨励館って名前を使えば、横浜市の歴史的建造物ってのも納得?

151206みなとみらい-06

並木のイルミネーションが少しずつ少しずつ輝きを増していきます。木の合間から見えるライトアップされた神奈川県庁の姿に心惹かれ。

151206みなとみらい-07

もっと日が暮れた方がライトアップされた姿が浮かび上がるのでしょうが、まだ薄明かりが残っている、昼と夜との狭間の雰囲気も悪くないな。

151206みなとみらい-08

再び旧・横浜商工奨励館を、別の角度から。この中にある日本新聞博物館と放送ライブラリーにはいつか訪れてみたいと思いながら、まだ果たせていません。来年こそは?

151206みなとみらい-09

「ジャックの塔」という愛称で呼ばれる横浜市開港記念会館の前に戻ってくる頃には、かなり日暮れが深まってきましたね。

151206みなとみらい-10

横浜の観光スポットを巡る周遊バス「あかいくつ」。いま調べてみて初めて知ったんだけど、「みなとぶらりチケットワイド」(大人:550円)なら、自宅近くの新横浜駅から乗って、あかいくつ、市営バス、市営地下鉄が(みなとみらい近辺だけだけど)丸1日乗り降り自由なんですね。

151206みなとみらい-11
うーむ、文句無しにお得。でも、歩くのが好きだからなー、きっと乗らないだろうなー。

似たような構図の夜景は何枚も撮っているけど、こんな時間帯の景色も悪くない。

151206みなとみらい-12

ワシントンホテルの下を流れる大岡川からもう直ぐ屋形船が出て行くようです。屋形船で忘年会ってのもあるようで、2時間半、食事、飲み放題付きで1万円~らしいです。

151206みなとみらい-13

桜木町駅前まで戻ってきました。すっかり日も暮れて、「宴会だー!」って気分が盛り上がってきたかな(でも、最近は昼から宴会をやってることも少なくないからなー)。

151206みなとみらい-14


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1541-ab75e177

<< topページへこのページの先頭へ >>