せっかく持ち歩くなら、「もしもの時」に役立ってくれないとね

11月下旬に行った富山、金沢の旅は、総合的に見て(自分的には)満点だったかなって思うけど、唯一失敗したと思ったのはスマホ用に持っていったモバイルバッテリーだったかな。

旅先での滞在中は、夜になったらホテルでスマホを充電していたので、昼間の使用に関しては特に不便を感じることは無かったけれど、問題は旅の最終日。

昼間、金沢の町を巡りながら最終日ということもあり、スマホアプリのradikoで現地のラジオを聞いていたら、夕方前にバッテリー残量が殆んど無くなってしまった。

もちろん、モバイルバッテリーを持っていったので歩きながら充電をしました。

エネループモバイル小

さて、夜になり、夜行バスに乗る前にスマホの充電状況を確認したら、いつの間にか充電が終了している。モバイルバッテリーが空になったようです。

でも、スマホの充電状況はと見ると、半分を少し超えた程度だったかな。結局、夜行バスの中でスマホを使おうとしたら、いくらも使わないうちにバッテリー切れになってしまいました。

モバイルバッテリーは、これまでずっと使っていたやつで、何となくイメージ的にスマホを1回以上充電出来ると思い込んでいたんだけど、これまで確認をしたことがなかった。

もしかしたら、モバイルバッテリー自体が満充電じゃなかったのかななんてことを思いながら、帰ってきてから改めて充電実験をしてみたら、そもそもの容量が足りなかったことが分かりました。

実際には1500mAhくらいの容量しかなかった訳で

持っていったモバイルバッテリーは、エネループの小型のもの。容量は2500mAhと、最近の大容量モバイルバッテリーと比べると驚くほど小さいかも。

まあ、どうかすると10年位前に買ったやつですから。大容量のモバイルバッテリーも持ってるけど、寸法と重量から、いつも持ち歩いていたのはこいつでした。

で、モバイルバッテリーが満充電なのを確認し、スマホのバッテリー残量をほぼ0にして、充電を開始し、その充電状況をBattery Mixというアプリで調べてみたのが以下のグラフ。

モバイル充電

グラフを見て分かるとおり、充電開始から約70%の辺りで充電を終了し、「IN USE」へと転じています。ここで、モバイルバッテリーの残量が0になったということでしょう。

さて、モバイルバッテリーの実容量は、表示容量の60~70%程度というのが一般的な理解。

これは、モバイルバッテリー内部で20%程度ロスし、スマホの充電回路でのロスも20%程度と想定すると、実容量は「表示容量×0.8×0.8」となる、みたいな計算でしょう。

実容量率を65%として、先のエネループの実容量を計算すると、2500×0.65=1625mAh。エネループの経年変化で、ここから更に10%程度劣化してるとすると1460mAhとなります。

スマホのバッテリー容量を調べたら、2080mAhでした。この容量の内の70%まで充電出来たとすると、その充電された容量は 2080×0.7=1456mAhとなるので、まあ大体あってるかな。

「もしもの時」に役に立たないのなら、持ち歩いてる意味が無いからね

こんな計算をしていたら、もう少し大容量のモバイルバッテリーが欲しくなりました。「もしも」のために持ち歩いているのに、それが1回分も充電出来ないってことは、もしもの時に不安だなって。

値段と、大きさと、重量と、スマホの充電可能回数を天秤にかけながら、悩んだ末に買ったのは、cheero Power Plus 3 mini という商品。

cheero Power Plus 3 mini パッケージ

mini ってついてるけど、容量は6700mAhと、わたし的には十分に大容量。

実際、値段だけで考えれば、10,000mAhとか、20,000mAhなんて超大容量のモバイルバッテリーも、容量と価格は比例しないのでお得だけど、大きさと重量は容量に比例するからね。

ビックリするくらい大きくて重い。あんなの、常時カバンの中に入れて持ち歩くなんて考えられない。

その点、こいつは手頃かな。さすがにこれまで使っていた小さなエネループに比べると大きくて重いけど、極端に大きくなったわけではなく、容量が2.5倍以上あることを考えれば納得の大きさ。

モバイルバッテリ高さ比較

正面(?)から見た大きさは、まあ似たようなもんかな。いや、一回りくらい大きいか。

モバイルバッテリ正面比較

これも実容量を6700mAhの65%として計算すると、4355mAhとなるので、私のスマホをちょうど2回くらい満充電に出来る計算です。これなら「もしも」の時に十分役に立つでしょう。

まだ実際には使っていないので、使ってみてのインプレは出来ないけれど、手にした感じは「合格」としておきましょう。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1544-aa57e757

<< topページへこのページの先頭へ >>