【モノを生み出す】カテゴリ目次 - Page 20


◆写真の題名◆
4*4*4の LED CUBE 作りに挑戦してみようかな(5)

LED CUBE の制御ソフトを作っていきます。先ずは、回路の確認も兼ねて64個のLEDを順番に点灯していくテストプログラムを制作。

実際に自分で作って動かしてみると、ゾクゾクするくらい面白い。

◆写真の題名◆
4*4*4の LED CUBE 作りに挑戦してみようかな(6)

CUBEの様々な駆動パターンを生み出すのに、海外サイトで見つけたLED CUBE CODE GENERATORを使わせて貰う。

このGENERATORがあれば、色んなパターンを簡単に作れる。

◆写真の題名◆
ユニバーサル基板の臭いに悩まされながら74HC595の使い方を

8×8×8のLED CUBE製作を視野に入れ、少し大きめのユニバーサル基板を購入。安いのはいいけど、臭いが酷くて頭が痛くなる。

シフトレジスタと呼ばれるICである74HC595の使い方も勉強。

◆写真の題名◆
アイデアをお借りして、Arduinoプロトシールドを作ってみようかと

ネットで見つけた、Arduinoの上に直接重ねて接続するブレッドボードタイプのプロトシールドが便利そうなので作ってみようかと。

必要なのはブレッドボードとピンソケットだけ。

◆写真の題名◆
ブレッドボードでArduinoプロトシールドを作ってみた

実際の製作編。加工自体は簡単で、ブレッドボードの片側の電源ラインをカットし、スペーサーで微妙な幅の違いを解消。

後は接着剤でブレッドボードの側面にピンソケットを固定するだけ。

◆写真の題名◆
たくさんの小さなガラス片の下で色が変化するLEDに見惚れて

ArduinoのPWM出力を使って、3色のLEDを調光(徐々に明るくしたり暗くしたり)するプログラムを動かしてみた。

LEDの上に小さなガラス片の詰まった袋を乗せたら美しくて。

◆写真の題名◆
Arduino用のプログラムを流用してATtiny2313に書き込む

Arduinoを使ってATtiny2313にプログラムを書き込もうとしたら、以前は出来ていたのに何故かエラーが出てうまくいかない。

「not in sync: resp=0×00」ってのは奥が深そう。

◆写真の題名◆
3色LED調光+電子オルゴールをATtiny2313と85で

ブレッドボード上の実体配線図を描くにはFritzingが便利だけど、ユニバーサル基板ならPasSというプリント基板エディタが使い易い。

LEDの明滅と音楽の組合せは結構イイ感じに。

◆写真の題名◆
定電流回路を使ったLEDチェッカーを製作

以前、自己流で作ったLEDチェッカーは失敗作だった。今回のトランジスタ2個による定電流回路を使ったこいつは素晴らしい出来。

LED CUBEとかで大量のLEDを扱うには必須の道具じゃないかな。

◆写真の題名◆
1本10円なのに想像以上に明るいフルカラーLEDに技術の

3つの色違いのLEDの代わりに、フルカラー(RGB)LEDを買ってみた。eBayなら1本10円程度で買えます。

想像以上に明るくて技術の進歩に感心することしきり。

関連記事
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1567-eef5926e

<< topページへこのページの先頭へ >>