ボタン電池の型番に惑わされ、配送プロセスに疑念を抱き

駐車場のコンクリ床面が三次曲面的に大きく歪んでいて、クルマの左後輪が浮いてしまっている状況を改善すべく、コンクリートで “小山” を作る作業をしたのは昨年大晦日のこと。

あれから2週間近く経って、やっと乾いたコンクリートの色らしくなってきました。1週間くらいでは、まだ微妙に湿ったような濃い色をしていたのが、だいぶ白っぽくなってきた。

ということで、木の型枠を外し、実際にクルマの後輪を乗せてみると、建造物的には良く出来たように思うけど、やっぱり高さがまだまだ足りていない。

駐車場床補修途上

タイヤハウスの隙間具合から想像すると、もう10cmくらい高くしてもいいかも。

レーザーポインタ用のボタン電池で右往左往

でもやっぱり、測定してみたいので、頭を捻ってひらめいたレーザーポインタを使った簡易測定器を作ってみようかと。

まあ、その積りでボタン電池をAmazonで買っておいたんですけどね。ところで、レーザーポインタに使われている電池を調べてみたら、見たこともないような型番だったんです。

L1154?

以前、電池の規格を調べた際に、電池の種類を表す記号には、日本工業規格(JIS)、国際電気標準会議(IEC) およびアメリカ規格協会(ANSI)の3つの種類があるってことを知りました。

でも、この規格のどこにも「L1154」なんていう型番はありません。

調べてみると、VINNICというのはアジアのメーカーらしく、アジアには上記3つの規格とは違う各国(各社?)独自の型番があるらしい。

そして、「L1154」は日本でいうところの「LR44」になると。ふーん、初めて知った。

ということでAmazonで買ったのは「LR44」の10個パック。

LR44

このパッケージを見ると、「LR44」以外に「A76」と「AG13」という型番が入っています。これも「LR44」と互換番号(?)で、中国辺りでは一般的な型番らしい。

商品が届いたのは、「発送のお知らせ」メールから11日目のこと

ところでこのLR44の10個セットの価格は128円(送料無料)です。100均ショップで買おうとすると、確か2個セットで108円とかだった思うので、とにかく格安。

買ったのはAmazonのマーケットプレイス。大晦日の日に注文し、「発送のお知らせ」がきたのが1月2日。発送されるのは多分、正月開けになるだろなって思ってたので、これにはビックリ。

が、問題はここから。1月2日に発送されたはずの商品が届かない。待てど暮らせど届かない。

1週間待って、諦めました。珍しいことだけど、郵便がどこかに紛れ込んでしまったのでしょう。128円なので諦めがつくってものです。

100均ショップに買いに行こうと思いながら機会がなく、どうしようかなって思っていたら、届きました。「発送しました」って連絡から11日目のことでした。

発送元を見たら千葉県から。料金後納のゆうメールで。これってどういうことなんでしょうか。買ったのは日本のお店だけど、商品は中国から直送、みたいなことなら理解できるのですが。

千葉からゆうメールで発送して11日もかかることって現実的にあることなんでしょうか?それとも、やっぱり中国から「発送」されたのが1月2日で、その後、千葉の代理店を経由して届いた、とか?

謎は謎のまま。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1575-22b69255

<< topページへこのページの先頭へ >>