青空、青空、青空、そして青空

今年の五月の雷雨は例年に比べ異常に多くて、今日も午後から広い範囲で雷が、なんてニュースを聞きながら、じゃあ晴れているうちに青空を見に行こうって近所の公園に。

青空って、やっぱり気持ちがいいもんですね。本当に心まで晴れてくるというか。

ということで、4月と5月に撮りためた写真から、「青空」のやつを何枚かピックアップしてみようかな。

平日の昼下がりの公園は、いかにも平和な景色

平日の公園。ひと組の親子とハトが何羽か。彼らの頭上には、絵に描いたような五月晴れの空が広がっていました。

blue sky15

やっぱり冬の方が空気の透明感がありますね

この写真は、まだ冬から抜けきらない2月上旬の鶴見川です。冷たい風の中、空気が澄み切っていて、遠くプリンスぺぺが見えています。

blue sky02

桜の咲く頃、いよいよ本格的な春が

3月下旬、桜が満開になるには微妙に早いかなって頃の野川公園での一枚。

桜越しに見上げる青空は、雲ひとつなくどこまでも青く輝いていました。

blue sky03

4月上旬、桜の満開に合わせて墨田公園に花見に出かけました。

高速の駒形の出口が桜の人出で渋滞して停止状態に。高速の上で「向島線6」の看板をしげしげと見ながら、隅田川とその上にかかる青空を撮影。

blue sky04

上の写真と同日。スカイツリー、海に浮かぶ屋形船、向こう岸の桜並木、そして青空が加わり役者は揃いました。

blue sky05

“桜”を境にして人は外に出てくるのかな

桜もそろそろ終わりに近づく4月中旬、みなとみらいを自転車でブラブラ。

海の青と空の青に挟まれて遠くベイブリッジが。海に浮かぶ手前のゴミっぽいのは、既に散ってしまった桜の花びらです。

blue sky06

上の写真と同日。赤レンガ倉庫の“赤”と、青空の“青”の対比が、この広場に活気を与えているような印象を持った記憶があります。

blue sky07

葉桜の頃も結構好きです

4月下旬、桜も終わり、春まっ盛りの頃の皇居。皇居のお濠を訪れたのは、これが人生初です。

桜は葉桜に替わり緑鮮やかに、菜の花の黄色がお濠と青空の青に映えています。

blue sky08

上の写真と同日。春の優しい日差しの中、平日にもかかわらず浅草寺の仲見世は人で溢れ返っていました。

blue sky09
アーケードの無い仲見世には、やっぱり青空が似合っています。

季節は同じ頃の撮影ですが、カメラが違うから空の青が違うのかな?

これは2年前のこの季節に自転車で三浦半島を一周した時に撮影した中の一枚。
blue sky01
確か風の強い日で風車も音を立てて回っていたと記憶しています。それだけに空はスッキリと綺麗な青空でした。

そして、五月

一年で最も気持ちのいい季節、5月の中旬です。

緑に囲まれた日産スタジアムの上には白い雲と青い空。

blue sky11

上の写真と同日、鶴見川にかかる橋の上から撮った一枚。

はるか遠くの空、たなびく雲が空の広さを教えてくれるようで、ちょっとステキでした。

blue sky12

「梅雨入り」なんて言葉がチラホラ聞かれるようになる5月下旬。この頃が、草花の“力強さ”を一番感じられる季節のように思います。

blue sky13

青い空を見上げて

そして一番最初の写真と同日に撮った一枚。

木々も、空に向かって力強く伸びあがります。それを優しく迎える5月下旬の空の“青”。

blue sky00

たまには空を見上げてみませんか。



コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/158-ee4e0a41

<< topページへこのページの先頭へ >>