ハンダこて台に色んな機能が集約してきて超便利

ホーザンの H-722というフラックスを買ったので、さっそく使ってみようとしたら、これが使い難いというか、なんか危い。ボトルが倒れてしまいそうで。

容器が樹脂製で軽いので、作業中にちょっと引掛ければ簡単に横転してしまうでしょうね。ただ、キャップに刷毛がついているので、作業はしやすいんですよね。

それなら簡単に倒れないようにボトルホルダーを作ってしまおうかと。

使うのは厚さ3mmのアクリル板。完成形の形状を踏まえて、アクリル板を切り出しました。

アクリル板カット

続いて、アクリル曲げヒーターで直角に曲げます。

アクリル板曲げ

ボトルを通すために、ボトル胴体の径に合わせて自在錐で穴を開けます。

ボトル穴開け

エッジを丸めて、部材としてはほぼ完成。

これを設置するのは、ハンダこて台のベース。ベースの後ろ側に両面テープで固定するだけ。

ベースに貼って

フラックスの容器ホルダーの完成です。

ボトルホルダ完成

一箇所に色んな機能が集約してきて、自分的には結構使いやすそうだなって自己満足中。



コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1584-d0ded046

<< topページへこのページの先頭へ >>