『ロード・オブ・ザ・リング』のロードは road? それとも load? 実は

今年の冬は本当に暖かい日が続いてる。暖かいと、朝ベッドから出るのも楽だし、ランニングに出かけるのにも気が楽だしと、色々とありがたいんだけど、物足りなく感じるのも正直なところ。

人間なんて勝手なもんだな。

でも、ここ数日やっと本来の寒さがやってきた。そういえば、少し前が大寒だったしね。

気温が下がると、空気が澄んでくる。ランニングに出かけたら、久しぶりにスッキリとした富士山の姿が。まだ、微妙に霞んではいるけど。

富士山

鶴見川サイクリングロードの上にも真っ青な空が広がります。雲ひとつ無い。ま、気持ちはいいんだけど、今日は風が強く、風切り音でヘッドホンからの音が聞き取り難い。

鶴見川CR快晴

ランニングを短めに切り上げる時の折り返し地点なので、ここから写真を撮る機会が多いかな。川面が強い風で波立っているのが分かります。手前の白いのは数日前に降った残り雪。

綱島大橋遠景

夕方、富士山の方向に少し雲が出てきました。

雲と言えば、だいぶ前のことだけどTVで草なぎ剛主演の『スペシャリスト』を見ていたら、その中に「クラウドファンディング」って言葉が出てきたんです。

“クラウド” って聞いて最初にイメージするのは「クラウド・コンピューティング」です。この言葉が流行りだしたのはもう10年位前のことかな。

夕焼け富士山3

クラウドの大まかな概念は、「今まで個人のパソコンにあったソフト、データベースなどをインターネットの向こう側(雲の中)に置き、必要なとき必要な分だけ使える」みたいな感じ。

そう、クラウドとは、「cloud=雲」ってことですね。クラウドサービスとは、一般的には「インターネット経由で提供されるさまざまなサービス」のこと。

なので、「クラウドファンディング」って言葉を聞いた時、インターネットを使ってお金を集めることなんだろうなって、素直に思いました(世の中に遅れてる?)。

でも、その後に、この「クラウドファンディング」のクラウドは、「crowd=群集」だって説明が。不特定多数の支援者達(crowd)に出資を募るサービスってことだと。

富士山 アルバムに追加 夕焼け富士山

なーるほど。カタカナにしてしまうとどちらもクラウドだけど、本来の単語は違うものだったんですね。

以前にも似たような話を書きました。フリーマーケットってカタカナを英語に戻すと、(日本人的に)普通に考えるとfree market(自由市場?)になるけど、正解はflea market(蚤の市)。

『ロード・オブ・ザ・リング』のロードは、road(道)でもなく、load(負荷)でもなく、lord なんです。lord とは、持ち主とか支配者といった意味。訳すと「指輪の支配者」ってことです。

夕焼け富士山2

夜の色が少しずつ少しずつ濃くなっていく様を見ながら、そんなことを考えていました。


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1587-d3c7d53a

<< topページへこのページの先頭へ >>