8×8×8 LED CUBE 製作記(16) -- カーボン柄シートでお化粧

ベースボックスもほとんど完成し、基板や配線の収まりも何とかなりそうな感じになってきたら、塗装の出来具合が気になってきた。

艶消し黒のラッカースプレーで塗装してるんだけど、木工パテの行程で失敗し、その影響で塗装行程でも失敗をしています。日が暮れてきて、最後の行程で少し焦ってしまったのも原因だけど。

塗装のダメ具合

正面。なんか汚らしい。

塗装失敗2

右側面。最後に焦ったせいで大粒の液ダレが発生し、塗装の典型的な失敗パターンに。

塗装失敗1

左側面。液ダレは無いけれど、艶消しの感じもいま一つだし、板の端面も見苦しい。

塗装失敗3

これだけダメダメだと、やっぱり改善するしかないでしょう。といって、今さら塗装し直しは出来ないので、上からカッティングシートを貼っていこうかと思います。

カーボン調のベースボックスに変身

使うのは、少し前にダイソーの店内を歩いていた際に見つけたカーボン柄のシート。

カーボン柄シート

すごいな、ついにこんなのも100均ショップで売られるようになったんだって、感心して使用目的もないまま買っておいたんです。

もちろん、「ものが違う」んだろうけど、3M のダイノックシートだと、A4サイズのカーボン柄シートで1000円近くしますからね。

ホンモノ(?)を見ていないので何とも言えないけど、少なくとも柄は間違いなくカーボン調だし、凹凸も厚みもあるので、手にした感じもしっかりしている。

カーボン柄

これをベースボックスの側面に貼り付けていきます。

カーボン柄シート貼り1

シートの長手方向の長さが40cmしかないので、左側面から貼り始めて、正面、そして右側面の中ほどで途切れることに。

カーボン柄シート貼り合わせ目

事前に柄を合わせてカットしてあったシートを継ぎ足します。写真では光の関係で継ぎ目が目立って見えますが、実際にはほとんど気にならないくらい滑らかな感じに仕上がりました。

カーボン柄シート貼り合わせ目2

完成形がこちら。ダメダメ塗装のときとは見違えるくらい素晴らしい感じに。

カーボン柄シート貼り完成

次回、LED群の接続確認を兼ねながら、制御基板の回路が正しく出来上がっているのかを確認していきます。


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1627-c40606b1

<< topページへこのページの先頭へ >>