そもそも工具って美しいけど、これは究極的に美しい!

モノ作りが好きな人ってのは、多かれ少なかれ “道具フェチ” の気があるんじゃないかな。かくゆう私もその一人。ホムセンの工具売り場とか、見ていると飽きないんだよね。

さてさて、今回手に入れた工具は、とにかく美しい。使い勝手云々の前に、とにかく美しい。

NTドレッサーという商品名の面ヤスリ(って言っていいのか?)です。

NTドレッサーパッケージ

パッケージから出して、その美しい姿を愛でてみましょう。これです。

NTドレッサー握り

アルミダイキャスト(かな?)のフォルムが美しい。上部は握りになってるわけですが、その曲線美が機能美まで昇華しています。素晴らしい。

実際に握ると、上部のふくらみの下に、片側は親指が、反対側には中指から小指までがセットされ、人差し指は握り部から前方へと斜めになっている部分に乗るような感じになります。

いやー、本当に良く考えられてるわ!

ヤスリ面は、こんな感じになってます。

NTドレッサーヤスリ面

これは中目ですが、細目から大荒目まで各種揃っています。同じ中目で、若干安い価格のプラスチック製握りのものも売られているんだけど、迷わず、断然こっちでしょ。

機能美から入ってしまいましたが、こいつが超便利ってのは既に体験済み。木工の切断作業後に必ず発生するバリ取りとか、端面の仕上げやプラスチック加工と、八面六臂の大活躍。

歴戦の勇士だけど、引退寸前

以前から使っていたので、その使い勝手の良さを知ってるわけだけど、使ってたのはコレ。

タジマサンダー握り

メーカーは違うけど、基本的な作りは同じですよね。平面のヤスリに握りを設けただけ。

タジマサンダーヤスリ面

このヤスリ面の材質って何だろ? 触った感じとか重さから考えると金属ではないような気がするんだけど。じゃあ何なのかって言われると、分からない。

でも、その耐久性は素晴らしいです。このタジマ サンダーは、もう何年前に買ったのか忘れるくらい昔に買ったものだけど、つい最近まで現役でしたからね。

何か工作をした後は必ずこいつの出番だったので、使用頻度はかなりのものだったと思う。それでも何年間も対象物を削り続けてくれたわけですから、脱帽ものです。

うーん、この耐久性の強さを考えると、やっぱり金属なのかな?

ところで、このタジマ サンダーってまだあるのかなって調べたら、まったく同じ形状のものが売られていました。このブルーの細目のやつはちょい高めですが、なかなかのロングセラー。

で、Amazonでタジマ サンダーの説明を見ていたら刃の材質が書かれていました。ステンレスだそうです。多分、NTドレッサーも同じだと思う。

実は同時に(ショップは違うけど)大荒目の替刃も買ったんだけど、その話はまたの機会に。

*後日、使おうとして一つ欠点を発見した。冷たい!

 工具類の多くは屋外に置いてるんだけど、冬のこの時期、外は冷え冷えになるわけで、当然工具も一緒に冷たくなります。そしてこのNTドレッサーは熱伝導率の高いアルミ製。

いやー、手の熱をガンガン奪っていきます。冬の朝一番で使うには軍手が必須かも。


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1629-8884fac3

<< topページへこのページの先頭へ >>