いつまで経っても、塗装の苦手感から脱せられないなー

100均で買ってきた桐製の箱を丸2日がかりで塗装中ですが、塗装って本当に難しい。

ラッカースプレーを使って塗装してるんだけど、この冬の寒い時期なので、毎回、塗装の直前にお湯に5分程浸し、それから1~2分かけてシッカリ丹念にシェイクしてから塗装開始。

スプレーをお湯で

1回に塗布する量もかなり控えめにして、回数を重ねることで厚く塗っていこうと決意。なので昨日、今日と2日がかりの塗装作業となっています。

との粉作業から数えると3日がかりで、さらに塗装作業もこんなに慎重に進めているのに、塗装1日目の作業終了時点での姿がこちら。

塗装5回終了

目地が表にシッカリと出てきてしまっています。との粉作業が完全に失敗だったってことなのかな?

フタの裏側はこんな感じで、表側よりは余程イイ感じに仕上がっています。

塗装5回終了裏

昨日は1時間置きに塗り重ねて5回。その結果がコレですからね。うーん、どうしよ? 紙ヤスリで磨いてから更に塗り重ねる?

結局、このまま今日もシンプルに塗り重ねることに。時間を置きながら、スプレー缶をお湯で温めながら、最後の方は意地になってスプレー缶が空になるまで使い切り、昨日、今日で合計10回。

まだ目地は微妙に残っているけど、まあまあ納得できる仕上がりになったかなと本日の作業終了。

が、最後に悲劇が訪れました。部屋に入れて、何気なく暖房機の傍らに置いておいたら、表面に気泡が出来てしまった。

塗装面の泡

多分、塗り重ねの途中部分が完全に乾いてないまま上から塗り重ねたので、暖気で湿気が膨張してしまったんでしょうね。本当にショック!

明日、気泡を削り落として、もう一度上から仕上げ塗装をする必要があるでしょうね。

一方、塗装と塗装の合間の時間で、オルゴール部分が完成。後は箱の塗装が終わったら組み込むだけです。

オルゴール配線完了

ま、肝心の塗装の方はまだまだ前途多難の予感がしますけどね。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1634-aeaeec7c

<< topページへこのページの先頭へ >>