壁に据え付けの本棚を作るってのを大義名分にして、トリマを

以前、我が家は大量の(私所有の)単行本が、結構大きなスペースを占めていたのですが、数年前、一念発起して大量の本を “自炊” してPDFに変換しました。

ちょうどその頃から、購入する本のほとんどがKindle本になったので、それ以来、少なくとも私の本で本棚が圧迫されるという事態は発生しなくなったかな。

それと入れ替わるように増えているのが次男、三男が買ってくるマンガ本。それもセットで買ってくることが多いので、その増える勢いは恐ろしいほど。

そんな状況もあり、子供部屋のクローゼットの中にスライド本棚を設置したのは3年位前のこと。

クローゼットの奥に大型のタンスがあり、そこにアクセスすることが出来るようにクローゼット内を左右に移動できるように作ったのですが、いま見ても惚れ惚れするくらい素晴らしい出来だ(自己満)。

この本棚、ほぼ床から天井まであり、前後2段重ねで本を収納できるので、本の厚みで単純に計算したら1100冊くらい収蔵できるはず(その分、本を含めた総重量は200kg以上)。

が、この本棚もとうの昔に満杯になり、本棚に入り切らないマンガ本が所狭しと溢れ返ってます。なので、暫く前から新しい本棚が欲しいと子供から要請を受けていたんです。

たくさんあるSPF材を柱にしたいんだけど、棚をどうやって取り付けるか

一方で、Room in Room(英語で言ってみた)を解体した際に出た木材が、部屋の隅に山積みの状態になったまま、「早く使ってくれ」って訴えかけてもいるんです。

余り木材

木材の内、ほとんどは2×4材(SPF材)なので、これを使って本棚を作ったらどうかなってイメージは当初からあったんだけど、構造的にどう作るかが問題で。

多くのマンガ本(いわゆるジャンプ・コミックス)の奥行きサイズは約115mmです。2×4材の幅は89mmなので、本棚の側板はこれ一つで何とかなるんじゃないかと。

コミック本サイズ

問題は、棚板をどうやってSPFの柱に固定するかってこと。

一番最初に考えたのは、SPFの厚みが38mmもあるので、この厚みを利用して棚板を差し込む溝を掘ること。これなら棚板を固定する必要もなく、差し込むだけでOKですから。

ただ、その溝をどうやって掘っていくのか。ノコギリで切り込みを入れておいて、後はノミで掘っていく? 60箇所前後の溝が必要になるので、これはあまりにも無謀な試みでしょう。

それなら溝を諦めて棚板を支える桟をSPFの側面に固定していくか? ま、これが一番現実的な方法ですが、どうも美しくない(それに、これはこれで結構大変そうな作業だし)。

ということろでスタックしたまま、前に進めないでいたんです。

妙案が浮かんだ!

でも、どう考えてみても溝を掘るのが一番スマートなんだな。しょうがない、ノミを買ってトライしてみるかなって考えていたら、フッと思ったのが「そうだ!電動工具を買えばいいんだ」ってこと。

以前から欲しかった工具があったんです。トリマって工具で、まさに木材に溝を掘ったり、角を丸めたりといった工作をするための工具。

これは良いチャンス! 本棚を作るためという大義名分も立つしね。さっそく機種を選定して、ヨドバシ.comにて購入。届くのが楽しみ。

さて、トリマが届くまでに、あらかたの設計を済ませておこうかと。

高さは床から天井まで。棚板はコミック本の大きさを勘案しながら板取りしてみると、幅約45cm、奥行き12cm前後で作れば、3×6のベニヤ板から30枚の棚板が作れそうです。

この棚板の大きさを基準に、SPFで4本の柱を立て、横に3連の本棚にすることに。

本棚の固定は床と壁と天井の3箇所に通っている桟を利用します。ただ、途中の鴨居を避ける必要があるので、この部分には切り欠きが必要ですね。

また、手元のSPFの長さは1本では天井まで届かないので、途中で継ぎ足す必要があるな、なんてことをザックリとした図面に起こしてみました(思いっきりデフォルメしてるので棚の数も適当)。

壁3連本棚
棚板は9mm厚のベニヤ板を使う積りでいたんだけど、購入したトリマに付属のビット(刃)がΦ6mmなので、5.5mmのベニヤ板なら溝掘り作業が楽になるなって事で、5.5mmに決定。

微妙に頼り無いですが、幅45cmですから何とかなるんじゃないかと。本を入れて撓むようであれば、その時は補強材とかを考えようかと。

前回のスライド式本棚は、(前後2段で)約1100冊のコミック本が収納可能でしたが、今回の本棚は1面だけですが、単純計算では約1000冊くらい収納できそうです。

ってことは、これまた総重量で200kgになるわけで、床(というよりも桟かな)は大丈夫か?



関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/1635-4d725d95

<< topページへこのページの先頭へ >>